北方(埼玉)から、トランスミッションのO/H。

ちょっと遠方のお客様からトランスミッションのO/Hのご依頼です。
走行距離57,000kmほどの車輌(R100RS、モノサス)を入手されたばかりだそうですが、外観がかなりヤレた感じだったらしく、当初は外装を再塗装してエンジンをキレイに磨き、フレームも錆びたトコロを塗り直して乗り出すつもりが、手を付け始めたら車輌がバラバラになっていたッ!とのこと。
そんな折に当店のブログでO/Hのサービスを知り、これを機にトランスミッションもO/Hすることにしたそうです。有り難いことですッ!

さっそく、届いたトランスミッションを確認します。

DSC_1011

ニュートラルスウィッチとドレインボルト付近にオイル汚れがありますが、

DSC_1039

このぐらいの汚れは普通ですね。

DSC_1040

エンヂンに取り付ける側のオイル汚れがちょっと強い気もしますが、インプットシャフトのシールからの漏れはなさそうなので、おそらくオイルポンプカヴァー辺りのオイル漏れが原因でしょうか。

DSC_1035

分解前にインプットシャフトの回り具合を確認。

DSC_1028
(動画でご覧いただけます。)

アウトプットシャフトの回り具合も確認し、作業後、この状態と同じくらいクルクル回るようにします。やってやるッ!

DSC_1030
(動画でご覧いただけます。)

てことで、作業前の確認も終わったので、トランスミッションを分解していきます。

カヴァー下側のボルト、錆びもそうですが、ちょっと砂が詰まってることがよくあります。そのまま工具を突っ込んで回すとナメてしまうことがありますので、ちゃんとキレイにしてからボルトを回します。

DSC_1043

特殊工具を使ってアウトプットフランヂを取り外します。
シールとの接触部の状態も良好で、当たりが付いて光ってはいますが、爪が引っ掛かるようなこともありません。

DSC_1046

んで、取り外したカヴァー。カウンターシャフトのベアリングが収まるトコロにスラッヂが溜まっていますが、ココは構造上オイルが下に逃げないので、ある程度の距離を走った車輌であれば、どれもこんな感じだと思います。

DSC_1055

ケース内部のギア、シフトセレクターなんかを取り出したら

DSC_1063

オイルシールを取り除いてカヴァーとケースの洗浄です。
ケースの中も非常にキレイな状態でした。

DSC_1074

外したドレインボルトにも鉄粉がまったく付着していなかったので、お客様がお送りいただく前に清掃していないのだとしたら、前オーナーはしっかり乗って、しっかりオイル交換されていたのではないでしょうか。このトランスミッション、当たりだと思いますッ!

DSC_1174

こりゃ、気合が入りますね。(いつも入れてます。)

洗浄の際には、オイルフィラーの穴や

DSC_1087

オイルドレイン、ニュートラルスウィッチ取り付け部の穴もしっかり均してキレイにしておきます。車載の状態でも作業できますが、ケース単体でのほうがやりやすいですからね。

DSC_1096

どうでしょうかッ!

DSC_1102

当たり面もご覧の通りッ!

DSC_1108

もちろん、カヴァーガスケットもキレイに剥がれているッ!

DSC_1104

 

バァーン!

 

スミマセン、ジョジョ世代なもので、取り乱してしまいました。

気を取り直して、ケース内部の部品の点検と部品交換です。
シフトセレクターを分解します。

DSC_1114

走行距離の多い車輌で折れることのあるリターンスプリング、このスプリングも擦れて光っているトコロが見受けられますね。コレが進行すると、痩せた部分が割れたり折れたりして、スプリングが破損した時のギアから変速できなくなってしまいます。

DSC_1124

出先でそんなことになれば、どうやって帰れというんでしょうか。しかも、それが1速だったりしたら・・・。不安になった方、是非、ご依頼をッ!(悪質な営業)

樹脂製のローラーは接触面に磨耗もなく、軸部のガタもなく良好でした。

DSC_1146

他の軸部や接触部にも異常は見られませんでしたので、シフトセレクターをキレイにし、元通りに組み立てます。このとき、2枚のギアの歯を正しく噛み合わせておかないと、まったく変速できなくなりますので、忘れずに確認しておきます。

DSC_1135

続いて、シフトフォークの確認です。異常な磨耗や焼けた跡もなく、非常に良好ですね。

DSC_1152

各シャフトのギアも点検します。こちらも大変良好で、歯にもドッグにも異常なしです。

DSC_1163

ブッシュのガタつきもありませんでした。
これだけ各部の状態が良いとシフトもスコスコ入りますし、ギア抜け、ギア鳴りも、よほど雑な操作をしなければまず起こらないと思います。

DSC_1190

ベアリングにもガタはあまりありませんでしたが、もちろん交換しておきます。

DSC_1197
(動画でご覧いただけます。)

それにしても、インプットシャフトのこのインナーレース、普通はもう少しシールとの接触部に強い当たりがあるもんなんですが、このレースにはそれがほとんどありません。
ひょっとしたら、以前にしっかりO/Hされているのかもしれません。前オーナーのメインテナンスも良かったんだと思います。俺の出番、要らなかったんじゃ?と思うほどです。アハハ。

DSC_1203

というわけで、各部の点検と交換も終わったので、トランスミッションを組み立てていきます。

ケースをしっかり温めて、シャフトとシフトセレクターを取り付けます。

DSC_1214

ケースが冷めるのを待って、シム調整を。ビシッと決まったッ!

DSC_1228

シム調整が終わったら、カヴァーをしっかり温めて取り付けます。シム調整も大事なんですが、このカヴァーの取り付け次第でシャフトの回り具合が軽くも重くもなりますので、ココが一番のポイントかもしれません。

DSC_1231

カヴァーが冷えるのをちょっと待って、インプットシャフトとアウトプットシャフトがクルクル回ることを確認したら、シールを挿入してアウトプットフランヂを取り付けます。
このフランヂの固定ナット、締め付けトルクが220±15N・mとなってますので、細マッチョ気取りの人(俺)にはちょっとキビシイです。あ~、もっと長いトルクレンチが欲すぃ~。

DSC_1252

お送りいただいた際にシフトレヴァーが外されていたので、手持ちの部品を取り付けて1速から5速までの変速を確認すれば

DSC_1239

できました。

DSC_1254

DSC_1264

インプットシャフトもッ!

DSC_1274
(動画でご覧いただけます。)

アウトプットシャフトもッ!

DSC_1271
(動画でご覧いただけます。)

クルクル軽いッ!

バァーン!

 

以上、無事に作業も終わりましたので、こんな感じで

DSC_1002

丁寧に梱包してお送り致しますので、もうしばらくお待ちください。

DSC_1006

あとは、実際に車体に取り付け、試乗していただいて、シフト操作まで確かめていただければOKですね。車輌のセミ・レストアのご報告も兼ねて、ご来店くださるのをお待ちしております。もちろん、ダメ出しのご連絡でも構いませんが・・・。(緊張)

この度は、トランスミッション単体での作業のご依頼、有り難うございましたッ!

 

今回は、元の状態が良かったため比較的楽な作業になりましたが、どのような状態だったとしても目指すゴールは同じですので、「なんか、トランスミッションから異音が聞こえるような・・・」、「最近、ギア鳴りが多くなってきたかも?」、「アララ、またギアが抜けたよッ!」なんて症状が出始めましたら、ちょっと部品代は多く掛かってしまいますが、O/Hを検討されて良い時期かもしれません。

 

遠方の方でも片道の送料をご負担いただければ、O/Hを承っております。ご連絡くださいッ!