R100RS、フロントフォークのO/Hとオイル漏れの点検と。(その2)

先日、「フロントフォークのオイルシールがー!」と突然ご来店くださったR100RS、ようやく落ち着いて作業に取り掛かれるようになりましたので、ズババッ!と進めています。

 

フロントフォークのオイル漏れについては修理を終えましたので、今日は「エンヂンとトランスミッションのオイルがー!」ともおっしゃっていたお客様の期待に応えます。

DSC_8952

シリンダーとシリンダーヘッドの間にオイルが滲んだ跡があったり(チャリン♪)

DSC_8939

オイルプレッシャースウィッチ?の周辺にオイルが滲んだ跡があったり(チャリン♪)

DSC_8945

オイルパンの側面から(チャリン♪)

DSC_8949

後側にかけてオイル汚れがたっぷりあったり(チャリン♪)

DSC_9214

シフトレヴァーのトコロからもオイルがポタポタして(チャリン♪)

DSC_8942

コレクターボックスに黒く焦げた跡があったりしますね。(チャリン♪)

DSC_9203

こりゃ、お掃除するだけでも大変手間が掛かりそうですなぁ。ムフフ。

チャリン♪チャリン♪

charin

ムムッ!シフトペダルラバーに亀裂がッ!コレはアカーン!(大げさ)

DSC_9281

なので、またしても勝手に交換し、しっかり請求しちゃいます。取れるコインは見逃さないッ!イエス!イッツ、モギーモータース!ゲヘヘ。

 

と、コインもいっぱい取れたので、いよいよ作業に取り掛かります。まずはシリンダーとシリンダーへッドの間のオイルの滲み具合を確認するため、スタッドボルトをしっかり規定トルクで締め付けて、同時にしばらく点検されていないというヴァルヴクリアランスも調整します。ビシッと決まったッ!

DSC_9175

写真はありませんが、スラスト方向のクリアランスがちょっと広かったので、シム調整もしておきました。もちろん、ロッカーアームも点検済みです。異常なし!でした。ホッ。

ただ、外したスパークプラグ(右)にちょっとオイルが付着していたのが気になります。

DSC_9187

当然、右側シリンダーヘッドのプラグホールにもオイル汚れがありました。プラグの締め付けが甘かったのでしょうか。とりあえず、しっかり締め付けておきますので、しばらく様子を見てみてください。

DSC_9190

それと、フランヂナットが触れただけで緩みましたので、アンチシーズを塗り込んでキチッと締めておきました。ネジ山の状態は良好でしたので、一安心ですね。

DSC_9194

続きまして、シフトレヴァーのオイル漏れを修理します。ココのオイルシールを交換するには

DSC_9241

オイルを抜かなければならないのですが、お客様に確認したところ、ちょうど2年前に交換されたとのこと。オイル交換と同時に行うほうがお財布にも優しいですから、良いタイミングだったと思います。整備の記録を付けておくと、こういうときの判断がしやすくなりますね。

DSC_9260

抜いたオイルの状態は透明感も残ってますし、異物も混じっていないので悪くありませんでしたが

DSC_9255

ドレインボルトにキラキラとした金属片がちょっと多く付着していました。90,000kmを超える走行距離を考えればこのくらいは仕方ないですが、ベアリングにダメーヂが出始めているようです。そう遠くないうちにトランスミッションのO/Hを検討されても良いかもしれません。

DSC_9271

で、オイルシールを交換しまして

DSC_9247

エンヂン周りのオイル汚れをキレイにします。

DSC_9218

ニュートラルスウィッチからのオイル漏れはそれほどでもなさそうでしたので、今回は見送りました。このくらいキレイな状態からでないとちゃんと判断できませんが、おそらく大丈夫かと。

DSC_9221

エンヂンオイルのフィラーゲーヂの周りもキレイにしておきましたが

DSC_9314

またこうなるようでしたら、O-リングを交換しましょう。在庫に自信あり、モギーモータースです!のハズなのに、在庫がありませんでしたので。ぐぬぬ・・・。

DSC_8971

てことで、一通り作業も終わったし、試乗してオイル漏れが止まったか確認してみよう!オー!

 

~試乗後~

 

ガーン。定番のプッシュロッドチューブの根元と

DSC_9239

オイルラインのブラインドプラグから漏れてるー。ギャー!

DSC_9232

幸い、この六角レンチで回せるタイプのプラグは簡単に増し締めできるので、ピタッと止まりましたが。フフフ。

プッシュロッドチューブのトコロはアレですが、オイルプレッシャースウィッチからの漏れもありませんので、これでかなりオイル漏れは治まったんじゃないかと思います。もう、今までのような床にオイル溜まりができることもないッ!ような気がするッ!イエス!

DSC_9288

ちなみに、六角レンチで回せるプラグの増し締めが簡単といっても、むやみに締めれば大変なことになりますし、適切な工具がなければプラグをナメてしまいますので注意が必要です。工具すら入らないマイナスネジのプラグに比べれば作業はかなり容易ですが。(マイナスネジの場合、エンヂンを上にズラさないといけないので大変です・・・。)

DSC_8485

あ、フロントフォークのオイル漏れもバッチリ止まってました。オホホ。

DSC_9295

ハンドルの振れもなくなりましたし、キャブレターの同調も調整したらエンヂンもキレイに回るようになりましたし、なんだかとっても調子良くなっているッ!んじゃないでしょうか。こりゃ、まだまだ走行距離が延びそうですね~。

DSC_9310

 

ということで、この度はフロントフォークからエンヂン、トランスミッション周りまで、オイル漏れの修理のご依頼、有り難うございましたッ!また、ご予算の範囲内とはいえ追加で幾つもの作業をさせていただき、重ねて有り難うございましたッ!今後、長く乗るとなると大掛かりなO/Hも必要になってきてしまいますが、優先順位を決めて一つずつ整備&修理を進めていただければと思います。コツコツと予算を確保されましたら、またモギーにチャリン♪チャリン♪とやらせてください。しつこくジャンプしますので!しますのでー!

charin

 

各部のオイル漏れの点検&修理も承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、フロントフォークのO/Hとオイル漏れの点検と。

先日、「フロントフォークのオイルシールがー!」と突然ご来店くださったR100RS、ようやく落ち着いて作業に取り掛かれるようになりましたので、ズババッ!と進めます。

DSC_8922

こちらのお客様、購入されて3年ほどで20,000kmくらい走られているそうですが、その走行距離はなんと90,000km越え!

DSC_9284

この頃のモノサスで30,000~50,000kmはちょいちょい目にしますが、90,000kmとなるとあまり記憶にありません。イイですね~。まだまだ元気に走れますので、しっかり整備してジャンジャン乗っちゃいましょう!

てことで、まずはお客様が希望されていたステップラバーの交換や

DSC_8934

希望されていなかったタイミングホールのプラグや

DSC_8971

センタースタンド、サイドスタンドのストッパーを勝手に交換して

DSC_8931

シートロックボタンのキャップなんかも勝手に取り付けたり

DSC_8928

開閉時にガタガタするシートも

DSC_8954

勝手にビシッと閉じるように調整したりと、コツコツと小銭稼ぎがしたいがため、やりたい放題させていただきました。

DSC_8955

チャリン♪チャリン♪

charin

勝手に作業して、しっかり請求する。イエス!イッツ、モギーモータース!グフフ。

と、小銭稼ぎも無事に終わりましたので、本題のフロントフォークに取り掛かります。お客様ご自身で社外品のオイルシールにてシール交換されたそうなんですが、すぐに漏れてしまったとのこと。せっかくシールを交換しますので、ついでにO/Hさせていただくことになりました。有り難いことですッ!チャリン♪チャリーン♪

DSC_8964
(ピンボケでスミマセン。)

同時に、ステムベアリングの交換も行います。作業前に軽く試乗してみたところハンドルが少し振れる感じがありましたので、ステムベアリングの締め付けを調整してみたんですが、どう加減してもベアリングがコクッコクッとなってしまい、まったく調整できず・・・。なので、お客様に相談してこちらも作業させていただくことになりました。またまた有り難いことですッ!チャリン♪チャリン♪チャリーン♪

DSC_9026

やっぱり、特にメインテナンスされた様子はありませんねー。

DSC_9035

R100RSの場合、カウルを外さないとステム周りを取り外せないので、ちょっと大変です。

DSC_9030

下側のアウターレース、けっこうな打痕がありました。

DSC_9038

てことで、ステム周りを取り外してキレイにします。

DSC_9049

例によって下側(左)のほうが打痕が強く出ていますね。こうなると調整は難しいです。

DSC_9050

新品のアウターレースに入れ替えて

DSC_9068

ベアリングにもたっぷりグリスを塗り込めば、バッチリです!

DSC_9073

そしたら、お次はフロントフォークです。

DSC_9077

まずはバラバラに分解してキレイにします。スプリングが変更されていますね。

DSC_9081

内部の部品の状態は悪くなさそうでしたが、ダンパーロッドを留めるサークリップの上に見慣れないシムが入っていました。ココにシムは不要ですので取り外しておきます。

DSC_9087

で、オイルシールからのオイル漏れですが

DSC_9090

社外品のシール自体もちょっとアヤシイ気もしますが、インナーチューブに深い錆がありましたので、原因はコレじゃないかと思います。

DSC_9094

在庫していた中古のフロントフォークを参考に確認してみると

DSC_9104

見事にストロークの範囲(175mm)に錆があるッ!イヤー!(チャリン♪)

DSC_9109

中古良品のインナーチューブが1本ありましたので、こちらは交換させていただきました。もう一方は小さな点錆でしたので、キレイに均して再使用しています。

それと、ダンパーロッドのガイドリングに縦スジが強く入っていたので、フォークトップのO-リングと一緒に交換しています。

DSC_9143

また、これはお客様もご存知だったようですが、ダンパーロッドをアウターチューブに固定するボルトも交換しておきました。ちなみに、ココのボルトは低頭ボルトになっています。ちょっとナメやすいので、注意が必要ですね。

DSC_9115

あとは、アレをこうして、コレをああして

DSC_9127

ホウィールやブレーキを戻せば、今日の作業は終~了~。

DSC_9147

 

これでフロントフォークのオイル漏れは直ったかと思いますが、「エンヂンとトランスミッションからもオイルがー!」とのことですので、次はそちらの作業を進めます。こりゃ、まーたチャリン♪チャリン♪と小銭が転がり込みそうですなぁ。ドゥフフ。

 

(続く)

 

フロントフォークのオイル漏れや、ステムベアリングの交換だけでなく、やりたい放題の交換作業も承っております。ご連絡くださいッ!

明日、26日(火)は臨時休業になります。

急なお知らせで申し訳ありませんが、明日、26日(火)は夕方までどうしても外せない用事があり、身動きが取れないため通常営業ができません。

hottoite2

17:00頃には店に戻るつもりでおりますが、電話への応対やメールの返信が遅くなるかと思いますので、臨時休業とさせていただきます。お急ぎのお客様には大変申し訳ありませんが、戻り次第のご連絡となることをご了承ください。

 

4/26(火)は臨時休業になります。ご注意くださいッ!

R100RS、オイル交換とダイオードボードマウントの交換と。

先週のことになりますが、またまた初めてのお客様がエンヂンオイルとオイルフィルターの交換にご来店くださいましたッ!ウヒョ~!有り難いことですッ!

こりゃ、ホントにビルが建つかもッ!知れないッ!キャー!

building2

「ねえさん、ココにバカがいるよ。」

1467

・・・。

 

磯野くんの言葉で正気に戻りましたので、簡単に作業のご報告とまいります。

今回、オイル交換はササッとできたんですが、フィルター交換にちょっと苦労しました。R100RSの場合、ただでさえカウルやエンヂンガードが邪魔をするというのに、フィルターカバーを固定するボルトの頭がナメかけていて、結局、エンヂンガードまで外すことに・・・。

DSC_8976

イグゾウストパイプを取り外す必要がないだけ2本サスよりは作業性の良いモノサスですが、ココのボルトへアクセスするのは適当な工具があっても油断できないですね。ナメかけていたボルトは1本だけでしたが、完全にナメてからではかえって大変なので、外して正解だったと思います。フゥ、危なかった~。

で、予想外にフィルター交換にてこずってしまったというのに、追加でダイオードボードマウントの交換作業までご希望とはッ!イヤン!焦っちゃう!でも、有り難いことですッ!

DSC_8973

セルモーターまで外さないと裏側のナットに工具が届かないためどうしてもお時間をいただいてしまいますが、これでダイオードボードが故障しにくくなるのであれば、予防整備としてはアリなのではないでしょうか。

DSC_8972

取り外す際に千切れた純正のマウント、その脆さをお分かりいただけると思います。

DSC_8997

ついでに、エアクリーナーのフィルターも交換したり

DSC_8993

亀裂が入ってカクカクしちゃったミラーヘッドや

DSC_8998

トランスミッションのトコロのダストカヴァーなんかも交換したりと

DSC_9007

なんだかんだで数時間後、無事に作業終~了~。

そして、お客様がお帰りの際に写真をパチリ。するとなぜか神々しい光がッ!まさか、お客様は本当に神様なのですかッ!(逆光)

DSC_8978

 

などと、初めてのご来店にもかかわらずジョークも飛ばしたくなるほど、長々と作業&おしゃべりにお付き合いいただき、なんだかとってもお近づきになれたような気がしました。大変お待たせしてしまいましたが、この度は幾つもの作業のご依頼、有り難うございましたッ!来月後半にかなり長距離を走られるとのことですので、またお時間が取れましたらメインテナンスにでもお越しください。アレの取り付けのご依頼も、お待ちしておりますッ!

 

エンヂンオイルとオイルフィルターの交換だけでなく、ダイオードボードマウントの交換や、割れたミラーヘッドの交換、アレの取り付けのご相談等、諸々承っております。ご連絡くださいッ!

 

オマケ

翌日、さっそく箱根に足を運ばれたというお客様から、エンジョイ中のお写真がッ!ぐぬぬ・・・。

7898

千客万来。

春のせいでしょうか。なぜか最近、お問い合わせやご来客が増えてきておりますモギーモータース、ここ数日、ちょっとお客様が重なっただけでパンク寸前でありますッ!

「貧弱、貧弱ゥゥゥ!」

hinjaku
ジョジョの奇妙な冒険より

とディオ・ブランドー氏に言われてしまいそうですが、いつもの調子で書いてたらブログの更新もままなりませんので、今回はダイジェストでどうぞ。

 

てことで、以前にタイミングホールのプラグを購入にご来店くださったお客様が、今度はエンヂンオイルの交換にご来店にッ!ウホッ!有り難いことですッ!

DSC_8819

先にメールでご連絡いただいたおかげで、作業スペースを確保しておくことができました。お気遣いに感謝でありますッ!また、作業中も楽しいお話を聞かせていただき、有り難うございました。また来てねー!

arimasu

と、無邪気なコドモのふりしてみても、その実、40過ぎたオッサンです。オホホ。

で、作業中のお仕事に戻ろうかなと思っていたら、先日、サイドスタンド自慢にお越しくださった白いR100RSにお乗りのスタンド使いのお客様(長い)が、またしても純正部品を求めてご来店にッ!しかも、軒先で作業をおっぱじめる始末ッ!つか、ソコはモギーモータースの敷地じゃあないッ!(土日はOKです。)

DSC_8821

さらに、その白いR100RSの手前にある黒いR100RSも数日前に修理と整備にお預かりしたばかりだというのに・・・

ドッギャァーン

「フロントフォークのオイルシールがー!」と突然ご来店くださったR100RSにお乗りのお客様、こちらもお預かりしての修理とな?アカーン!場所がなーい!

DSC_8830

のに、翌日、またしても同じカラーリングのR100RSにお乗りのお客様がご来店にッ!イヤー!死んじゃうー!でも、有り難いことですッ!

DSC_8865

こちらのお客様、以前はハーレーにお乗りだったそうですが、ハーレーにも負けない魅力溢れるフラットツインのBMW、ビシッと同調を取らせていただきましたので存分にお楽しみくださいッ!他にも気になるトコロはチョコチョコあるようでしたが、あらためてご相談いただければと思います。また来てねー!(43歳、男性より)

フゥ。という感じで、ここ数日にかけてお客様がたくさんお越しくださいました。有り難いことですッ!この調子でお仕事をいただければ・・・、数年後にはイヤでも大きなビルがッ!建ちそうなッ!気がするッ!クヒヒ。

building
(ニューヨーク、高層階からの眺望)

などと、楽しい夢を見る最近のモギーなのであった・・・。

bmw004

 

てなわけで、おかげさまで忙しくさせていただいておりまして、1~2週間ほど車輌をお預かりできるスペースが確保できそうにありませんので、お時間が掛かりそうな作業のご依頼はあらかじめメールかお電話でご相談いただけると助かります。すぐに店内はスカスカになりますので。なりますのでー!

 

オイル交換から純正部品の購入、車輌をお預かりしての整備に同調の調整、ビルを建ててくれるお方まで、諸々承っております。ご相談くださいッ!

青いR100RS、スターターノブの取り付けと吹け上がり不良の点検。

先週末のこと。お天気がイマイチにもかかわらず、すっかりお馴染みになったドラマチックなR80にお乗りのお客様がオイル交換にお越しくださっていたんですが、そこに突然、2台のR100RSがッ!エッ?エッ?確かに今日ご来店の予定とお聞きしていましたが、こんなお天気なのに?ホントにキター!

DSC_8639
雨が弱くなった頃を見計らってお帰りになるドラマチックなR80にお乗りのお客様。オイル交換のご依頼、あざーす!

 

そもそも、こちらの2本サスのR100RSにお乗りのお客様が当店オリヂナルのスターターノブをご覧になり、「カッコイイんで、取り付けたいです。」とご連絡くださっていたんですが、一緒にモノサスのR100RSにお乗りのご友人まで紹介していただけるとはッ!なんというッ!有り難いことですッ!

DSC_8645

がしかし、実はスターターノブのお問い合わせの前にも「スロットル開け始めの吹け上がりが悪いんです。」とご相談がありまして、ついでに点検することになったのですが、その場で色々と疑わしいトコロを探ってみたものの、まるで症状が良くならないッ!

kanben

なので、急遽、車輌をお預かりして点検させていただくことになりました。その場で解決できず、申し訳ありませんでした。トホホ。

 

ということで、点火系に問題がないことは確認できているので、もう一度丁寧にキャブレターを点検します。やってやるッ!

DSC_8651

取り外してすぐ気になったのが、スロットルバタフライとメインボアの隙間です。実物は写真ほどではありませんでしたが、ちょっと広い感じでした。バタフライを固定するネジも社外品になってますね。

DSC_8658

お客様ご自身でO/Hされて間もないだけあってキレイで状態も良さそうですが、バラバラに分解して洗浄します。

DSC_8663

洗浄しながら各通路がしっかりと通っていることを確認。ジェット類の詰まりもありませんでした。うーん、不調の原因はドコに・・・?

DSC_8669

隙間が気になったメインボアとスロットルバタフライでしたが、メインボアには磨耗もなく、バタフライにも異常はありませんでした。製品誤差の範囲のような気もしましたが、やっぱり気になるのでバタフライを交換しておきました。ついでに、バタフライを固定するネジも交換しています。(交換しても完全にピタッと閉じませんでしたが、少し良くなりましたのでお許しを。)

DSC_8680

反対側も同様です。

DSC_8674

で、組み立ても終わりに近付きジェットニードルの長さを確認したところ、左右でクリップ位置が異なっていることを発見ッ!コレが原因かッ!(ちなみに、一方が2段目、もう一方が3段目になっていました。)

DSC_8683

このキャブレターの型番だと2段目が正規のクリップ位置になりますので、揃えておきました。これでスロットル開け始めの吹け上がりの悪さが直ってくれれば良いのですが。

DSC_8686

あ、ニードルは交換されたばかりのようでしたが、ニードルジェットは未交換のようでしたので、こちらは交換しています。

DSC_8707

ということで、組み立て完了ッ!どうなのよッ!

DSC_8692

ガーン。まだ何か残ってるー。

honto_kanben

作業前に感じていたスロットル開け始めのバラついた感じは消え、かなり良い状態に戻ったと思いますが、まだわずかに開け始めに不安定さがあります。試乗して確認してみても、お客様がおっしゃっていた「長めの信号待ちでアイドリングが続いたあと、スロットルを開けるとストールする」ことはなくなりましたが、一瞬回転が下がることがありましたので。

DSC_8698

お話させていただいた通り、現在使用されている初期型のR100RS用キャブレターとの相性も原因の一つかもしれませんので、お持ちのオリヂナルのキャブレターに戻して確認してみることもオススメします。

また、お持ち込みいただいたシリンダーとピストン、O/H済みのシリンダーヘッドですが

DSC_8795

多少の傷は見られますが状態も悪くありませんし

DSC_8804

寸法も許容範囲内にありましたので、十分ご使用可能と思います。作業をご依頼の際は、あらためてご相談ください。

DSC_8808

 

ということで、この度はスターターノブの取り付けと吹け上がり不良の点検作業のご依頼、そしてご友人の紹介までしていただき、有り難うございましたッ!キレイに塗り直されたちょっとハデなR100RSで、気持ち良い春のライディングを存分にお楽しみください。お二人でのまたのご来店をお待ちしておりますッ!

DSC_8812

 

スターターノブの取り付けや吹け上がり不良の点検、ご友人の紹介まで、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100/7T、オイル漏れの修理とホウィールベアリングの交換。

少し前にトランスミッションをO/HさせていただいたR100/7Tにお乗りのお客様が、今度はオイル漏れの修理にご来店くださいました。なんともッ!有り難いことですッ!ウレスィー!

アララ!前回は黒い外装だったんですが、今回はもう1セットお持ちだったという青い外装になってます。イイですね~。

DSC_8515

「母さん、横浜はすっかり春になりました。」

haru

って、春=ヤバイ人が出てくる季節という意味じゃないですよ。ククク。

 

などと、お客様をディスるのはこのくらいにして、さっそくオイル漏れの修理です。前回の作業で気になったエアクリーナーハウジング取り付け部からの滲みですが

DSC_5140

DSC_5142

キレイにしたばかりなのに、やっぱりオイルが溜まってました。でも、当店のオイルは赤くないのですが・・・?

DSC_8424

聞けば、お客様ったら、交換されているK&Nのフィルターに「ちょっと前に洗浄したあと、たっぷりオイルを染み込ませちゃった。」とのこと。ズコー。フィルターオイルって、塗りすぎるといつまでも垂れてくるんですよね。(経験者談)

K&Nのフィルターオイルにはボトルタイプとスプレータイプがありますので、上手く塗れないようでしたら次回はスプレータイプを使ってみるのも良いかもしれません。ボトルよりも使いやすいと思います。噴きすぎれば同じように垂れちゃいますが・・・。

fiter_oil

で、モギーが疑っていたクランクケースのブリーザーのヴァルヴも点検してみましたが、こちらは問題ありませんでした。ホッ。

DSC_8427

それでも、ちょっとブローバイガスに含まれるオイルミストが多いような気もしますので、もうしばらく様子を見てみてください。走行距離を考えれば、多くてもしかたない気もしますが。

と、ちょっと寄り道しましたが、ココからが本番です。実は、前回の作業時にもエンヂンのフロントカヴァーの下から垂れてくるオイルのご相談を受けていたんですが、点火系をEME製のオルタネーターマウントのモノに変更されていたので、その場では躊躇していたんです。取り付け方や点火時期の調整方法を知らないまま作業するのもアレなので。(言い訳)

DSC_8521

お客様が「停まってると、煙がモクモク出るんだよね!」とおっしゃる通り、確かに、イグゾウストパイプにポタポタ垂れたオイルが焦げ付いてますね。EME製のカヴァーが取り付けられたトコロ(本来、ポイント式の点火ユニットがある)からもよくオイルが漏れてきますが、こちらはO-リングを交換されたばかりとのことですので

DSC_8531

そうなるとオルタネーターの奥のオイルシールからの漏れということになります。ビンゴ!

DSC_8532

しっかりキレイにして

DSC_8543

オイルシールを交換します。

DSC_8545

ローターコイルのシールと接触する部分にも異常はありませんでしたので、これで漏れは止まるんじゃないでしょうかッ!

DSC_8557

あらかじめマニュアルで確認しておいたので、ピックアップローターとセンサーの取り付けも

DSC_8572

点火時期の調整もバッチリです。さすがデジタル制御、安定していますね~。

DSC_8563

ついでに、フロントホウィールのベアリングも点検します。というのも、交換されているレスター製ホウィール、どうもシム調整されていない(調整できない)ようなんです。試しに規定トルクでアクスルシャフトのナットを締め付けてみると、やはりベアリングがゴロゴロしてしまい渋くてクルクル回りませんでした。

DSC_5451

お客様に確認したところ、「そういえば、そんなにしっかりと規定トルクで締めたりはしてなかったかな?」とのこと。上手く締め付け具合を加減していらしたようです。

実際、取り外したディスタンスカラー(左)はワンピース構造になっていて、純正品(右)のようにカラーとシムのツーピース構造じゃありませんでした。おそらく、ホウィール出荷時に最適な長さのディスタンスカラーを選んで組んでいるんだと思いますが、これだとベアリング交換後の調整はできません。

DSC_8734

なので、純正のシムを使って調整できるように、金属加工屋さんに製作してもらっていたディスタンスカラーに交換します。用意周到、モギーモータースです。フフフ。

DSC_8574

締め付け具合を加減して使用されてはいた割りにそれほどゴロついた感じのなかったベアリングでしたが、外してみるとアウターレースに深い傷が付いているッ!ので交換することにしました。

DSC_8615

しかも、以前の交換作業でアウターレースを無理やり抜こうとしたのか、ホウィール側にも嫌な傷がッ!イヤン。

DSC_8587

反対側はそうでもありませんでしたが、どちらも丁寧に凹凸を均しておきました。

DSC_8592

ホウィールを温めてアウターレースをしっかり打ち込み

DSC_8597

たっぷりグリスアップしたベアリングでビシッとシム調整すれば

DSC_8606

できました。規定トルク(45N・m)でしっかり締め付けてもクルクル軽~く回ります。イエス!

DSC_8624

その他にもチョコチョコと細かい作業もあり、ご希望の納期に間に合わなかったため今回はリアホウィールの点検はできませんでしたが、またご都合の良いときにご来店いただければと思います。この度はオイル漏れの修理とホウィールベアリングの交換のご依頼、有り難うございましたッ!次回はもう少しお時間をくださいッ!

 

エンヂンのフロントカヴァーからのオイル漏れや、ホウィールのシム調整も承っております。ご相談くださいッ!

レーシーなR100RS、オイル交換。

まだまだ「今日も~♪来客~♪が、な~い~♪」と鼻歌交じりでコツコツ作業をこなす日々に、またしても「オイル交換、お願いできるでしょうか?」と初めてのお客様が突然のご来店ッ!有り難いことですッ!

つか、できます!やらせてください!むしろ、コッチからお願いしますから!交換させてくださーい!

onegaisimasu

と、卑屈なオトコを演じてでも仕事を取るッ!イエス!イッツ、モギーモータース!

 

それはさておき、ササッとオイル交換させていただいたこちらのR100RS、なんともレーシーな雰囲気じゃぁあーりませんか!

DSC_8474

乗り始めてまだ1年ちょっとというこの車輌、なんでも、知り合いのお店で何年か前に製作されたモノだそうで、当時、ブログでも製作記が公開されていたとのこと。どうりでドコかで見たことがあるような気がしたんですよね。まさか当店で目の当たりにすることになろうとはッ!うーん、カッコイイですね~!

しかも、こちらのお客様、以前はサーキットでのレースにも参加されていたそうなんですが、「スタイル以外はノーマルのような感じですが、それほど速くなくても十分に走りも楽しめるんですよね。」と、しっかりBMWの魅力にハマっているご様子。うーん、分かってらっしゃる~!

割りとご近所のようですし、軽い整備から重い整備まで、また何かありましたら遠慮なくご相談ください。この度はオイル交換のご依頼、有り難うございましたッ!またのご来店をお待ちしておりますッ!

 

オイル交換も承っております。ご来店くださいッ!