モギーモータースの年末年始。

お知らせがちょっと遅くなってしまいましたが、(風邪のせいで)予想外にドタバタした12月のお仕事もようやく落ち着いてきましたので、残りの予定をビシィッ!とこなしましたら、年末年始はしっかりお休みしたいと思います。思いますッ!

ということで、年内の営業は28日まで、年始は6日からスタートとなります。

年末年始の休業日:12/29(木)~1/5(木)

 

この期間であっても急なご相談にはできる範囲で対応したいと思いますので、何かトラブル等ありましたら遠慮なくご連絡ください。帰省中は十分なPC環境がない&生活時間がお正月モードとなるため返事が遅れるかもしれませんが、メールや電話で解決できることもあるかと思います。お困りの際は、いつでもどうぞ。

すでに2017年は始まっているッ!ような気がしないでもないッ!

R100RS、同調の調整とミラーの交換・・・からの、イグニッションコイルの交換。

11月の終わりに、またまた初めてのお客様から「ミラーの在庫はあるでしょうか?それと、一緒に同調の調整もお願いできるでしょうか?」とメールでお問い合わせがありまして、「もちろんス!在庫してるッス!同調もモギーに任せるッス!」とお答えしたところ、師走のお忙しい中、ソッコーでご来店にッ!つか、出張から戻られたばかりだそうでッ!お疲れじゃないんですかッ!からの、有り難いことですー。イェイ、イェイ。

 

って、今回のご依頼はキャブレターの同調の点検&調整と

DSC_3481

破損によりガタつきが出てしまったミラーヘッドの交換だけでしたので

DSC_3508

ブログのネタにするまでもないお話だったんです。なのに・・・

 

~1時間後~

「モギーです。ハイ、・・・ええ、分かりました。お待ちしております。ガチャリ」

phone

と、お帰りの際にちょっと遠回りして立ち寄った場所で、急にエンヂンの調子が悪くなってしまったそうで、またすぐにご来店にッ!さっきお帰りになったばかりなのにー。ズコー。

DSC_3481

どうも片肺気味の症状でしたので、まずはプラグコードを疑って交換してみたんですが・・・

DSC_3517

良くなったような気がしたのに、やっぱりダメじゃあないかッ!イヤー!

kanben

てことで、急遽、お預かりしてイグニッションコイルを点検&交換させていただくことになりました。つか、こんなタイミングで故障するなんて・・・。モギーってば、キャブレターしか触ってないんスけどー!なんか、ヘコむー。

DSC_3469

さっそく当店で利用している青色のダイナコイルに交換したところ、あっさりと症状は消えました。念のため、茶→青→茶とコイルを入れ替えて確認してみましたが、やはり元の茶色のコイルのときだけ片肺っぽいバラついた燃焼状態になっていましたので、コイルの故障で間違いないッ!と思います。こんだけハッキリとした再現性があると、判断するのも容易ですね。ホッ。

DSC_3479

 

ということで、この度はキャブレターの同調調整とミラーの交換、それと不意の点火系の点検&修理のご依頼、有り難うございましたッ!お預かりさせていただいたおかげでキャブレターの同調も翌朝に再確認でき、なかなか上手く取れたんじゃあないかッ!と思います。アイドリングの安定感も良いですし、エンヂンの調子は悪くなさそうな感じがしましたので、ガタガタと音のしなくなったミラーでじゃんじゃん走りに出掛けちゃってください。お近くにお住まいのようですし、また何かありましたらお気軽にご相談を!次のご来店もお待ちしておりますッ!

 

ガタつくミラーの交換や、キャブレターの同調調整、突然の点火系の不具合の点検&修理まで、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、車検のついでにアレやコレや。(その3)

「予算はお任せでッ!とにかく絶好調をッ!知りたいのですッ!」という、仕事場がご近所のお客様のR100RS、引き続き車検整備とアレやコレやの作業を進めてまいります。

DSC_2527

 

エンヂン周りの整備まで終わりましたので、残すはリア周りの作業だけです。リアタイアは溝も十分残っていますので、今回はそのままになります。つか、相変わらずメッツラーのレーザーテックの入荷状況が悪いんですよね・・・。

DSC_3184

ウッ、ブレーキダストがこんもり!

DSC_3189

こっちもか!

DSC_3196

ハハァ~ン、ドライヴシャフトのオイルがちょっと少なかったのは、ブーツからポタポタ垂れていたのが原因だったみたいですね。コレクターボックスに、こんなに焦げた跡がッ!ありました。

DSC_3203

スウィングアームもオイルで汚れてますし

DSC_3210

ファイナルドライヴの下側にもオイルが付着しています。イヤー!誰がお掃除すんのー!

DSC_3218

てことで、ごっそりリア周りを取り外しまして

DSC_3227

見なかったことにしていたネジ穴の修理に取り掛かります。

DSC_3099

アレを外して、コレを外して、アレをこうして、コレをああすれば・・・

wait

 

~数時間後~

ハイ、できました。が、元のネジ穴(下穴)の状態が悪かったため少し斜めにタップを立ててしまい、ドレインボルトがしっかり接触するように当たり面を修正するハメになってしまいました。仕上がりがイマイチになってしまい申し訳ありませんが、ご了承ください。ボルトは確実に締め付けられるようになりましたし、オイル滲みもありませんので・・・。(言い訳&反省)

DSC_3238

それにしても、ココのオイルシールリングやナットの締め付けトルクの大きさは、ちょっと心臓に悪いですね。緩めるのも締めるのも、ホント、ドキドキします・・・。

DSC_3252

と、大きな問題もなんとか片付きましたので、クラッチリリースアームや

DSC_3254

ブレーキ周りをビシッと整備します。あともう少し、頑張るぞー!

DSC_3258

ちなみに、よく錆で固着しているこのクリップピンですが、こちらの車輌は元から外れかかってました。走行中にポロリしなくて良かったですね。

DSC_3271

ブレーキ周りをビシッと組み付けて

DSC_3286

意外と状態の良かったドラムもしっかりキレイにすれば

DSC_3293

ハイ、できました。写真はありませんが、ドライヴシャフトのブーツも交換しています。

DSC_3301

あとは、そこそこピカピカにしたコレクターボックスを取り付けて

DSC_3310

作業終~了~かと思ったら、イグゾウストパイプがしっかりと差し込まれていないッ!ではないかッ!

DSC_3328

ね、ココまで入りました。幸い、ネジ山の状態も良好でしたので、アンチシーズを塗ってしっかり締め付けておきます。

DSC_3335

あ、サイレンサーの取り付けボルトもイマイチでしたので、純正部品に交換させていただきました。

DSC_3343

できたー!これで車検に行けるー!

DSC_3346

 

~翌日~

午後イチで車検に行ってまいりまして、検査ラインも一発OKで合格ッ!試乗してみた印象も

DSC_3375

「ええ、コレはモギーの知っているR100RSで間違いありません。」

chigakunai

と言いたくなるくらい、フツーによく走るR100RSに仕上がったッ!のではないかッ!と思います。

DSC_3382

ヤッタネ!

yattaaaa

って、ガッキーの破壊力、マジぱねぇー!ウォー!

 

ということで、この度は車検整備とアレやコレやのご依頼、有り難うございましたッ!元の状態が良かったようで、問題のあったフロント周りをしっかり整備&修理しただけで十分に良い状態に戻ったように思います。お伝えした通り、スロットルの開け始めにちょっとグズつく感じが残ってしまいましたが、それでも十分楽しく走り回れる仕上がりになっているハズですので、お忙しいとは思いますが、冬でもそんなに寒さを感じないR100RSを存分にお楽しみください。発電系&バッテリーの状態も良好ですし、しばらくはトラブル・フリーな気もしますが、また何かありましたらお気軽にご相談を!今後とも、宜しくお願い致しますッ!

 

車検の際の24ヶ月点検整備や、継続検査の代行、ダメになったファイナルドライヴのネジ穴の修理等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

 

オマケ

納車までにチョイチョイ試乗を繰り返していたところ、お客様がおっしゃっていた左側キャブレターからのオーヴァーフローが発生ッ!急遽、ガソリンタンクも洗浄することにッ!マジかー!

DSC_3412

でも、ゴミはちょっとしか出ませんでした。

DSC_3425

つか、タンクの中の状態は非常に良好でしたので、これでもうタンク側からのゴミに悩まされることはしばらくないんじゃないかと思います。

DSC_3451

キャップもとってもキレイです。

DSC_3463

念のため、左側のフューエルコックだけ分解&洗浄しておきました。右側は新品に交換されているみたいでしたので、今回は省略させていただきます。

DSC_3438

もしまたオーヴァーフローが再発するようなら、今度はキャブレターをO/Hさせてくださいッ!スロットル開け始めのグズつきも気になりますのでッ!

R100RS、車検のついでにアレやコレや。(その2)

「予算はお任せでッ!とにかく絶好調をッ!知りたいのですッ!」という、仕事場がご近所のお客様のR100RS、引き続き車検整備とアレやコレやの作業を進めてまいります。

DSC_2527

 

フロント周りの整備が終わりましたので、今日はエンヂン周りの作業に取り掛かります。まずは、このステイが折れてしまったホーンもアレですが

DSC_2703

エンヂン始動時にときどきギャー!と鳴くセルモーターのO/Hからスタートです。

DSC_2798

取り外したセルモーターを見ると、H23.3.16にO/Hされているみたいですね。このスティッカー、以前にも見たことがありますが、有名な電装の修理屋さんなんでしょうか。

DSC_2834

セルモーターの下側にちょっとグリスが垂れた跡はあるものの

DSC_2811

エンヂン側にはブローバイガスによるオイル汚れや漏れもなく、キレイな状態でした。グッド!

DSC_2806

てことで、バラバラに分解します。

DSC_3043

異音の原因はグリスが固くなっているせいかと思いましたが、グリス切れによるものだったみたいです。たっぷりグリスアップしておきます。

DSC_3048

ブラシもちょっと減っていましたので、新品に交換させていただきました。

DSC_3054

もちろん、マグネットハウジングもEME製の剥離対策が施されたモノに交換しています。

DSC_3058

コレで、しばらくは安心してセルモーターをお使いいただけるんじゃあないでしょうかッ!

DSC_3070

で、外した部品を元に戻します。ついでにエアクリーナーも点検しましたが、状態は良好でした。まだまだキレイですね。

DSC_3075

ホーンステイも新品に交換ッ!音もプワァーン!と鳴っているッ!

DSC_3086

と、アレコレやっている間に、お客様が乗り始めて一度も交換されていない?というオイルも抜いておきました。駆動系のオイルはちょっと量が多かったり少なかったりしましたが、金属粉もなく、透明感もマズマズでした。使用期間が少し長い気もしますが、走行距離を考えるとそんなに劣化してるとも思えませんから、今後は車検ごとに交換していただければよろしいかと。

DSC_3115

ただ、エンヂンオイルのほうは700mlくらい減っていました。3,000kmでこの減り具合なら問題ないと思いますが、前回の交換時期が不明ですので、次のオイル交換の際にもう一度確認とさせてください。

DSC_3123

そんなことより、ドライヴシャフトオイルのドレイン側のネジ山が・・・完全にイっているじゃあないかッ!強く締めれば良いってもんじゃあないッ!どうすんのよー!

DSC_3099

よし、見なかったことにしよう。そうしよう!

wait

とはまいりませんので、先にヴァルヴクリアランスをビシッと点検&調整します。左シリンダーヘッドのIN側がかなり狭く、他もやや狭かったですが、ロッカーアームやバルブのステムエンドには異常は見られませんでした。ホッ。

DSC_3134

スラスト方向のクリアランスも左シリンダーヘッドのEX側が広く、他もやや広かったですが、こちらもビシッとシム調整しておきました。つか、シムを調整&交換すると、標準と思われる0.30mmのシムばかりが手元に残って大変です・・・。うわーん!(不良在庫)

DSC_3171

あ、スパークプラグの状態がイマイチでしたので、交換させていただいております。

DSC_3161

また、点火時期も点検しましたが、こちらはビタッと安定&しっかり進角していました。試乗したときにも感じましたが、やっぱりエンヂンの調子は良いみたいですね。

DSC_3170

それと、始動性が悪いとおっしゃっていましたが、キャブレターのアイドリングの調整と同調をビシッと取ったところ、フツーに始動できるようになりました。この寒い時期ですと、さすがにスターターを使う必要はありますが、十分に改善できたんじゃないかと思います。

DSC_3388

キャブレターも点検しています。油面がちょっと低かったことを除けば、そんなに気になるトコロはありませんでしたが、フューエルホースの状態がイマイチだったので交換させていただきました。

DSC_3403

エンヂンのキレイさや、シリンダーの根元のはみ出たガスケットとか

DSC_3143

ひび割れてるのにオイル滲みのないプッシュロッドチューブのオイルシールを見ると、ひょっとしたら過去に腰上のO/Hをされているのかもしれませんね。

DSC_3392

 

ということで、見なかったことにしたネジ穴は・・・、明日、頑張りマス。

 

(続く)

 

車検の際の24ヶ月点検整備や、異音の出るセルモーターのO/H、折れてしまったホーンステイの交換、オイル交換にヴァルヴクリアランスの点検&調整等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

 

R100RS、車検のついでにアレやコレや。

仕事場がご近所というR100RSにお乗りのお客様から「車検のついでに、ハンドルの振れとかカウルのガタとか、なんか色々と点検して欲しいのですッ!」とのご相談があり、作業スペースを確保できそうなタイミングに合わせてご来店いただきました。つか、またしても初めてのお客様じゃあないかッ!なんとも有り難いことですッ!イェース!

 

なんでも、こちらのR100RSを手に入れられてから3年ほどで

DSC_2527

まだ3,000kmちょっとしか乗られていないそうなんですが

DSC_2553

「予算はお任せでッ!とにかく絶好調をッ!知りたいのですッ!」だって。イヤン、キュンキュンしちゃう・・・!

anago

なので、まずは現状がどんなものなのか知るため、ちょっと試乗してみます。レッツラ・ゴー!

wait

 

~20分後~

「コレはモギーの知っているR100RSじゃありません。」

chigau

と言いたくなるくらい、ハンドルが低速からずーっと震えっぱなしではないかッ!フロントフォークもガチガチで、まるで縮まないッ!アーンド、まったく伸びないッ!なにコレ、ちょー怖ぇー!

「ラーラーラ、ララーラー♪言葉にできなーい♪」

kotobani

と、小田氏もおっしゃる通り、これ以上の試乗は無理なので、さっそく店に戻って確認したところ・・・ノ~ゥ、フロントフォークのストローク量がかなり少なくなっとるー!

DSC_2546

あのまま乗っていたらと考えると・・・恐怖で体が震え上がってまうッ!ので、とりあえずシートロックボタンのキャップを取り付けたり

DSC_2562

ガコンッと音がするスタンドにストッパーを取り付けたりして

DSC_2565

しっかり心を落ち着けてから作業に取り掛かります。(チャリン♪)

0007

今回は車検時の24ヶ月点検整備もご依頼ですので、このスリップサインが消えそうなツルッツルのタイアも交換になります。これじゃ、車検に通りませんからね。

DSC_2540

ビシッと新しいタイアに交換ッ!ベアリングもクルクル回ることを確認ッ!している間に

DSC_2602

フォークオイルをしっかり抜いておきました。さて、どうかしら?

DSC_2575

ウォ!400ml以上抜けとるー!入れすぎやんけー!そりゃ、ガチガチにもなるー!

DSC_2591

モギー先生「モノサスの場合、約7mlで10mm油面が上がるとすると・・・100mlでは140mmも油面が高くなる。これがどういうことか、分かるか?」

keisan

加藤くん「腐った・・・みかん・・・の話じゃないよな・・・?」

mikan

という茶番はともかく、これでフロントフォークもなんとかなりそうですので、続いてブレーキへとまいります。

DSC_2603

アレをこうして、コレをああして・・・

wait

ハイ、できました。って、左右のキャリパーが違っているッ!どゆことー!

DSC_2622

ま、キャリパーの動作もパッドの状態も悪くありませんでしたので、気になるようでしたらO/Hのタイミングに合わせて中古のキャリパーで揃えても良いかと思います。ただ、ダストシールがちょっと固くなっていましたので、こちらは中古良品に交換しておきました。

DSC_2635

また、ハンドルの振れの原因ですが、案の定、ステムベアリングがユルユルでした。ビシッと調整しておきましたので、もう大丈夫だと思います。

DSC_2662

あ、メーターステイのワッシャーがありませんでしたので、こちらは新品を取り付けさせていただきました。

DSC_2653

あとはケーブルやレヴァーなんかをしっかりグリスアップして

DSC_2683

ちょっと量が多かったブレーキフルードも交換すれば

DSC_2664

フロント周りの整備は終了です。さあ、どうなのよ!

DSC_2715

オー!しっかりフロントフォークが動作してるー!(コレがフツー)

DSC_2740

作業前と比較してみると、その差は40mmも!ありました。入れすぎたフォークオイルのせいでフロントフォークの沈み込みが足りない→フォークスプリングが十分に縮んでないので反発力も生まれない→結果、縮まない&伸びないガチガチのフロントフォークになっていたッ!ということですねー。こういう実験はしたことがないので、理屈では理解していても、実際に体験すると非常に勉強になります。あざーす!

DSC_2546

おっし、この勢いでカウルも片付けよう。

DSC_2781

お客様がおっしゃるには、リヴェットがなくなったり

DSC_2751

メーターダッシュが割れたりして、とにかくガタガタと音がして気になるとのこと。確かに、試乗したときに「なにこのR100RS、ガタガタうっさいわ!」と思ったような、思わなかったような・・・?

DSC_2790

てことで、スクリーンを取り外して

DSC_2843

キーシリンダーを取り外したら・・・なんかポロッとしたー!

DSC_2863

電圧計も、照明用ソケットの中身がビヨ~ンと外れてるー!

DSC_2881

つか、時計はそもそも壊れとるー!イヤー!

DSC_2894

と、一悶着ありましたが、なんとかアッパーカウルを取り外すことができました。フゥ、焦るぜ~。

DSC_2902

で、リヴェットを丁寧に抜いて割れたメーターダッシュを取り外しまして

DSC_2916

取り寄せておいた新品のメーターダッシュに交換します。文章にするとアッという間ですが、けっこう手間が掛かってます・・・。(スティッカーがありませんが、注文中ですのでもうしばらくお待ちください。)

DSC_2982

元のようにはできませんが、リヴェットはしっかりカシメていますので、ガタつきはまったくありません。もっと簡単&確実&キレイにできる方法があれば良いのですが・・・。モギー、頑張りマス。

DSC_2939

って、新品なのに1箇所穴がズレとるー。

DSC_2932

スクリーンを仮組みしてみると、ご覧の通り・・・。スクリーンとカウルの穴位置は合っていますので、メーターダッシュの穴をシュッシュッと修正します。

DSC_2948

どうよ!

DSC_2970

どうなのよ!

DSC_2957

穴位置、よーし!

yoshi

と、ガッキー検査員の合格もいただきましたので、取り外した部品を元に戻しまして・・・って、これがまた、意外とめんどくせー!

wait

モギーのオリヂナル専用工具をもってしても、スクリーンリヴェットの打ち込みが2箇所イマイチだったり

DSC_3008

手を入れる場所が狭くて電圧計やキーシリンダーの取り付けに苦労したり(壊れいている時計は、とりあえず外したままにしています)

DSC_3021

謎のLED化&配線未接続のポジションランプを元に戻したりと

DSC_3024

気が付けば、すっかり夜も更けているではないかッ!しかも、ヘッドライトレンズまでピカピカにッ!一体、いつの間に・・・?

DSC_2995

おっと、もうこんな時間!妻が待つおウチに帰らなくっちゃ!

time

 

ということで、明日も頑張りマス。

 

(続く)

 

車検の際の24ヶ月点検整備や、入れすぎたフロントフォークのオイル交換、ユルユルのステムベアリングの調整、ガタついたカウルの修理等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R80、トランスミッションのO/H。

先日、チョイチョイご来店くださっているお客様から「トランスミッションからゴロゴロと音がするんだけど、O/Hをお願いできるかな?」とご連絡&ご相談がありまして、「もちろんス!ビシッとやるッス!モギーに任せるッス!」とお答えしたところ、ソッコーでトランスミッションをお持ち込みにッ!有り難いことですッ!イエーイ!大きなお仕事がキター!

 

ブホッ!しかも、ピカピカのカブでキター!イカスー!

DSC_0717

こちらのお客様はR80(写真奥)にお乗りでして、基本的なメインテナンスはご自身でされるそうなんですが、以前にカウルのブーツ交換とヘッドライトのLED化でお越しいただいたR100RSにお乗りのお客様を紹介してくださったり

DSC_3811

当店オリヂナルのスターターノブをお買い上げくださったりと

DSC_3825

ちょこちょこモギーにお仕事を持ってきてくれるんです・・・。ズキューン!

anago

ちなみに、そのときの走行距離は90,384km!と、ナカナカのものでした。

DSC_3822

と、以前に撮影しておいた写真も消化しましたので、さっそく作業に取り掛かります。お持ち込みいただいた際にお話をお聞きしたところ、「38,000kmでベアリングがダメになって、60,000kmでリターンスプリングが折れて、今回またベアリングがダメになっちゃった。」そうで

DSC_2100

「年間の走行距離を考えると、年齢的にもこれが最後のO/Hになるんじゃないかな?」とのこと。ノ~ゥ!そんなこと言わないでー!すんごいプレッシャーになるー!

DSC_2102

からの、モギー、頑張るでありますッ!(なんか胃がキュッと・・・イテテ・・・)

arimasu

で、実際に確認してみると、インプットシャフトはクルクル回りますが

DSC_2110
(動画でご覧いただけます。)

アウトプットシャフトのほうは・・・ゴリゴリじゃあないかッ!つか、ガッガッて固くて回らないッ!どゆことー!

DSC_2116
(動画でご覧いただけます。)

なので、さっさとバラバラに分解します。

DSC_2128

オ~ゥ、ケースの奥になんかヤバそうな堆積物・・・。

DSC_2130

トランスミッションからのゴゴゴ・・・という異音と、このドレインボルトに付着した金属粉を見て、こちらのお客様も覚悟を決めたそうですが

DSC_2136

ベアリングにダメーヂが出始めるとこんな感じのキラキラした金属粉が見られるようになりますので、気になる方はオイル交換の際に点検してみください。O/H時期の判断材料になると思います。

DSC_2153

シフトアームにちょっと気になる錆はありましたが

DSC_2145

アウトプットフランヂの状態も悪くなく

DSC_2148

各シャフトのギアの状態も良好で

DSC_2163

シフトプレートやシフトフォークなんかも問題ありませんでした。

DSC_2170

ダメーヂを受けたベアリングから出た金属粉って、こういうトコロに溜まったりしても、意外とオイル中に浮遊し続けたりしないものなんですね。

DSC_2184

ココに金属粉が溜まってるのは、オイルシールの打ち込みが甘かったせいだと思いますが・・・。

DSC_2177

さて、各部の確認もできましたので、まずはケースとカヴァーをジャブジャブ&ゴシゴシ洗浄します。うーん、ピカピカー!

DSC_2204

シフトプレートも分解してキレイにして

DSC_2207

定番のリターンスプリングだけ交換しておきました。状態はとっても良好だと思います。グッド!

DSC_2226

ベアリングもズババッと交換ッ!クルクル軽いッ!

DSC_2267

んですが、アウトプットシャフトの1速ギアのベアリングブッシュとスペーサーの状態がイマイチでしたので、中古良品に交換させていただきました。わずかに変形しているのか、ベアリングブッシュ自体の動きも渋く、1速ギアの回転も重かったんですよね。

DSC_2277

おそらく、ベアリングを強く圧入しすぎたせいでスペーサーが変形し

DSC_2474

ギアとの接触面がギッタギタに荒れちゃったんだと思います。そりゃ、重くもなりますよね・・・。モギーも気を付けねば!

DSC_2450

ただ、取り外したベアリングを点検してみても、ガタガタになっていたのはアウトプットシャフトのベアリング(写真左上)の1個だけでした。つか、シール付きベアリングのシールを取り除いてシールなしのベアリングにしたり、アレがアレだったりと、けっこう雑なベアリングの選定なんですが・・・意外と大丈夫なもんですね。

DSC_2429

てことで、元通りに組み立てて、シム調整もビシィッと決まったッ!さあ、どうなのよ!

DSC_2302

オ~ゥ、クルクル回るー!

DSC_2390
(動画でご覧いただけます。)

こっちもクルクルー!

DSC_2399
(動画でご覧いただけます。)

なのに、あの錆の酷かったシフトアームは・・・

DSC_2346

錆の位置が深すぎて、オイルシールに完全に干渉してしまうじゃあないかッ!これじゃあ、すぐにオイル漏れが発生してしまうゥゥ!イヤー!

DSC_2351

どうやら、錆の原因は社外品のオイルシールのせいみたいですね。シールのリップ部が純正部品(写真左)に比べて奥に位置しているのが分かるでしょうか。

DSC_2337

しかたない、またしてもたまたまあった中古部品と交換するか・・・って、なんなのよ!この「たまたま=当店の在庫車輌→部品取り車」という謎の方程式は!(諦め)

DSC_2326

と、ブツブツ言いながらもビシッと交換しちゃうモギー、ニクイ男です。フフフ。(中古のボールジョイントも追加しています。)

DSC_2371

ハイ、できました。

DSC_2388

 

ということで、この度はトランスミッションのO/Hのご依頼、有り難うございましたッ!最後のO/Hにしたいとのことで、かなりドキドキ&慎重に作業させていただきましたが、上手く仕上がったんじゃないかと思います。あとは、実際に車体に戻して試乗していただき、何か気になることがあるようでしたら遠慮なくご連絡ください。責任を持って対応させていただきますので。良いご報告をお待ちしておりますッ!

 

お持ち込みのトランスミッションのO/Hも承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、フロントフォークのO/Hとドライヴシャフトの取り外し。

「今日も~♪のんびり~♪お仕~事~♪ラララ~♪」と鼻歌交じりで作業を進めていた平日に、またまた初めてのお客様が突然ご来店にッ!イヤン!ちょ、ちょっと待ってください、ここ、心の準備が・・・!からの、有り難いことですッ!でも、やっぱり焦るー!

 

なんでも、こちらのお客様ったらR100RSを入手したばかりなんだそうですが、「フレームの錆が気になってアレコレしてたら、バラバラになっちゃいまして・・・」とのことらしく、フロントフォークとスウィングアームをお持ち込みになられました。ん?なんか、以前にもそんなコトがあったような・・・?

DSC_1827

とりあえず、再塗装されるというスウィングアームからズババッとドライヴシャフトを取り外します。いっちょ上がりー!

DSC_1845

おっし、本題のフロントフォークに取り掛かりますか。ファイトー!オー!

DSC_1853

薄っすらと擦れた跡はありますが、インナーチューブの状態は良好でした。これならそのまま再使用しても大丈夫そうですね。

DSC_1856

ダンパーロッドのピストン周りも、樹脂製の部品は跡形もなくなっていましたが、状態は悪くありませんでした。

DSC_1859

ま、この辺はお約束ですが・・・

DSC_1870

お約束・・・

DSC_1892

お約束・・・だけど、ギャー!

DSC_2087

フォークスプリングはお客様のご希望で新品に交換しますので、状態はどうあれ問題なしです。お疲れ様でしたー。

DSC_2096

で、ジャブジャブ&ゴシゴシ洗浄します。

DSC_1933

インナーチューブもピカピカです。

DSC_1945

分解したダンパーロッドをビシッと組み立てたら

DSC_1942

インナーチューブに正しく組み付けまして

DSC_1968

アレコレやって、オイルシールをガッツンガッツン打ち込めば

DSC_2004

ハイ、できました。

DSC_2016

あ、ダストカヴァーのフェルトシールが1本、グニャっとなっていましたので、中古良品と交換させていただいております。

DSC_2039

それと、ご希望のあったフォークボトムのキャップも新品を取り付けておきました。

DSC_2028

また、締め込みのキツかったフォークトップのキャップボルトですが、インナーチューブ側のネジ山を修正し、無事にスルスルっと手で締められるようになっています。フフフ。

DSC_2053

最後に新品のフォークスプリングを入れて、作業終~了~。

DSC_2063

 

ということで、この度はフロントフォークとスウィングアームをお持ち込みいただいての作業のご依頼、有り難うございましたッ!フロントフォークについては組み立て時にフォークオイルを薄く塗布しておりますが、できれば早めにオイルを入れていただければと思います。錆の発生も抑えられますし、上手く組めたとは思いますが、オイル滲みやオイル漏れの確認もできますので。車両が仕上がって実際にお乗りになるのは少し先かもしれませんが、また何かお手伝いできることがありましたらお気軽にご相談ください。今後とも宜しくお願い致します!

 

お持ち込みのフロントフォークのO/Hや、ドライヴシャフトの脱着も承っております。ご相談くださいッ!