西方(大阪)から、リアサスペンションの修理。

またまた遠方のお客様から、「リアサスペンションの修理をッ!お願いしたいのですッ!」とメールでご相談がありまして、何度かのやり取りの末、作業をご依頼くださったんですが・・・考えてみたら、モギーもモノサスのリアサスペンションをバラした経験がないじゃあないかッ!上手くできなかったらどうするのだッ!作業中に傷が付いてしまうかもしれないんだぞッ!と、やんわり「できないかも・・・」光線を出しまくっていたハズなのに!それなのに!

 

お客様 「傷は気にしないッ!作業の実績作りにッ!ご活用くださいッ!」
モギー 「ハ、ハイー!かしこまりましたー!(もう断れないー!)」

anago

 

という流れで押し切られてしまい、ソッコーでリアサスペンションが届いちゃったという・・・。でも、有り難いことですッ!ウォォォー!どーしよー!

てことで、慎重に作業に取り掛かります。えーと、ココを・・・グイグイ・・・コレを・・・グニュ~・・・

wait

ココも・・・ゴンゴンッ・・・えっ・・・バキッ・・・あっ・・・バキバキッ・・・ちょっ・・・ドガーン!

wait_wait

フゥ~、上手く分解できました。

つか、心配だったのはこのエンドアイが外れるかどうかだけだったんですけどね。オホホ。それにしても、この潰れたバンプラバー、ホントに右の新品と同じモノだったんですかね?こんなに縮むとは・・・、お疲れ様でーす。

で、本題のダンパーからのオイル漏れですが、こんな感じになってました。動作させてみても、ちょっと押したくらいではまったく縮まず、逆にボヨンと反発しちゃいます。こりゃ、リアサスペンションがかなりふわんふわんしてたんじゃないでしょうか。ちなみに、このダンパーは非分解のため、修理するにはダンパーごと交換にります。

ダストカヴァーは割れもありませんでしたので、付着していたバンプラバーのカス?をキレイにして再使用しました。つか、このカヴァーは廃番になっていますので、多少のアレは・・・そういうことになります。

おっし、それじゃ組み立てるとしますか。えーと、確かココを・・・グイグイ・・・コレを・・・グニュ~・・・

wait

ココは・・・ゴンゴンッ・・・えっ・・・バキッ・・・あっ・・・バキバキッ・・・ちょっ・・・ドガーン!

wait_wait

フゥ~、上手くできました。

あ、こちらのお客様、以前に当店オリジナルのスターターノブもお買い上げくださっていたんですが、まだ曲げ加工を追加する前のモノでしたので、一緒に送ってもらい交換させていただきました。

 

ということで、この度はリアサスペンションの修理のご依頼、有り難うございましたッ!ブログでは変な効果音を入れておりますが、実際にはフツーにビシッと作業できていますのでご安心ください。また当店の実績作りになりそうな案件がありましたら・・・じゃなくて、何かお手伝いできることがありましたら、ご相談をッ!お待ちしておりますッ!

 

モノサスのリアサスペンションのダンパー交換も承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、ヴァルヴクリアランスの調整とヘッドカヴァーの交換と。

去年の11月にアレやコレやご依頼くださったR100RSにお乗りのお客様、あれからじゃんじゃん楽しまれているそうで、今回はヴァルヴクリアランスの点検&調整にご来店にッ!ウヒョヒョ!有り難いことですッ!

 

半年ちょっとで5,000kmくらい走られたみたいですねー。グッ!

てことで、さっさとヴァルヴクリアランスを点検&調整します。左右ともEX側のクリアランスがけっこう狭く

スラスト方向のクリアランスも4箇所ともやや広くなっていましたので、ビシッとシム調整しておきました。ついでに点検したロッカーアームには異常はありませんでした。ホッ。

つか、クリアランスの調整も手間が掛かりますが、こびり付いたガスケットを剥がすのもけっこう大変・・・。

というのも、今回、お客様のご希望で丸型のヘッドカヴァーに交換することになってまして、新品のカヴァーを取り寄せておいたんです。価格は¥13,280/個(税抜)と、社外品よりちょっとお高いんですが、やっぱり質感が良いんですよね~。

スパークプラグでよく見えませんが、ビシッと交換できました。あ、プラグはキレイな状態でしたので、そのまま再使用しています。

オルタネーターとイグニッショントリガーのトコロからはオイル滲みはありませんでしたが、タイミングチェーンカヴァーから滲みが見られましたので、軽~く増し締めしておきました。これで滲みが止まれば良いのですが・・・?

それと、オイルクーラーを固定するボルトが脱落していましたので、汎用のボルトを取り付けておきました。振動で緩んじゃったみたいですね。

少しズレていた点火時期を微調整して、キャブレターの同調もビシィと取れば

作業終~了~のハズだったんですが、なぜかサイレンサーも交換することにッ!エッ?エッ?ちょっと待ってー!

などと焦ったフリをしておりますが、たまたま以前にも利用したSito製サイレンサーがありましたので、ササッと作業を終えることができました。フフフ。持ってて良かった不良在庫・・・じゃなくて、即決でのお買い上げ、有り難うございましたッ!

てことで、作業終~了~したハズだったんですが

ブログの更新が遅れている間にタイア交換のご依頼もいただいておりましたので、そのご報告もッ!するのでありますッ!

って、なにコレ・・・すんごい汚れ・・・。

当然、ブレーキ側もすんごく汚れているッ!ギャー!

よく見ると、こんなトコロからオイルも滲んでいました。点検したところボルトに緩みはありませんでしたが、念のためキレイにして軽く増し締めしておきましたので、とりあえずこれで様子を見させてください。

おっし、それじゃあ、ホウィールのお掃除とまいりますか。ハァ~、せっせこ、せっせこ~♪

wait

せっせこ、せっせこ~♪

ハイ、バッチグーでーす。

同様に、フロントもバッチグーでーす。

余談ですが、昨年くらいからずーっと品薄状態だったメッツラーのレーザーテック、ようやく安定した供給状態に戻ったようです。タイア屋さんに聞いた話だと、アレがアレで、アレだったみたいですねー。そりゃ、品薄にもなるわけや・・・。

という業界の裏話はどうでも、ついでにステムベアリングの締め付けも調整させていただきました。が、調整してもイマイチな感じですので、そろそろ交換しても良い時期みたいです。ご検討くださいッ!

ハイ、できましたー。

 

ということで、この度はヴァルヴクリアランスの調整やヘッドカヴァーの交換等、アレやコレやのご依頼、有り難うございましたッ!気になる不具合もあるようですので、またご準備ができましたらあらためてご相談ください。最近、中古部品の価格もなかなかお高くなっていますが、じっくり探していただければ、きっと見つかりますので。

 

ヴァルヴクリアランスの点検&調整や、ヘッドカヴァーの交換、突然のサイレンサーの交換に、その後のタイアの交換まで、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R80、ホウィール塗装と車検&点検整備とグリップヒーターの取り付けと。

今年の1月にアレやコレやご依頼くださったR80にお乗りのお客様から「やっぱりホウィールを塗装したいィィィ!」とのご相談があったのは・・・エッ?2月のこと?そんな前だったかしら?などと、すっとぼけたくなるくらい作業に追われておりましたあの頃のモギー、その後ものらりくらりと先延ばししていたんですが・・・

 

お客様 「7月に車検がッ!そのときにホウィールもッ!できますかッ!」
モギー 「ハ、ハイー!なんとかしますー!(やるしかないー!)」

anago

 

という茶番はさておき、ようやく時間を作って手配したホウィールの塗装が仕上がったのが6月中旬だったという・・・!

で、7月に入ってソッコーでお客様がご来店にッ!しかも、「グリップヒーターも取り付けたいィィィ!」だと・・・?この暑いのに・・・?マジかよ・・・からの、有り難いことですッ!ウゥオォォォー!

てことで、さっさとご報告を済ませることにします。

前回のホウィール交換からの走行距離は700kmくらいでしたが、けっこうブレーキダストが溜まってました。ドラムとブレーキシューの当たりが変わったからですかね。

ファイナルドライヴに付着していたオイルは

ドレインボルトからのオイル滲みが原因のようでした。ネジ山に痛みもなく、オイル交換時にキュッと締め付けておきましたのでとりあえず大丈夫かと。オイル汚れもキレイに清掃していますので、また滲むようならすぐに分かると思います。

トランスミッションのシフトアームのトコロからもオイルが滲んでいましたので、オイルシールを交換させていただきました。

抜いたオイルも、トランスミッションとファイナルドライヴの量が多かったくらいで、特に問題はなさそうでした。

リアブレーキも

ビシッっとやって

クラッチリリース周りとか

スウィングアームピヴォットなんかもズババッとやれば

あとは、塗装しておいたホウィールにタイアを履かせるだけです。

ちなみに、こちらの焼き付け塗装、モギーがバイク屋になる前からときどきお願いしていた塗装屋さんによるもの。仕上がりがちょっとアレだったりもしたんですが、とにかく手頃なお値段が魅力だったんですよね。残念なことに、この秋に廃業されてしまいましたが・・・。大変お世話になりましたッ!アーンド、有り難うございましたッ!

と、塗装屋さんへの感謝も込めつつビシッとタイアを履かせます。

どうですかッ!イイんじゃあないでしょうかッ!

なんだかノッてきましたので、続けてフロントホウィールも交換しまして

フロント周りの整備へとまいります。

ブレーキパッドの角を落とし過ぎなのが気になりましたが、厚み自体は十分残っていましたのでそのままま再使用しています。つか、こんな風に角を落とすことに意味なんてないですよね・・・?

他には気になるトコロもありませんでしたので、フロント周りもOKでーす。

お次は、ヴァルヴクリアランスの点検&調整です。左シリンダーのEX側だけシム調整しましたが、調整前のクリアランスはそれほどズレていませんでしたし、ついでに点検したロッカーアームの状態も悪くありませんでした。グッド!

あ、スパークプラグは交換させていただきました。

お伝えした通り、社外品のイグニッショントリガーの動作?にちょっと気になるトコロがあるのはアレとして

オイル滲みがありましたので、O-リングだけ交換しています。

それと、エンヂンマウントのナットが1箇所だけサイズが異なっていましたので、こちらも(勝手に)交換させていただきました。同じ場所の締め付けトルクを確認してるのに工具を替えなきゃならないって、意外とストレスなんですよね。

同時に、「使わなくなった純正サイドスタンドも外したいィィィ!」というお客様のリクエストにもお応えしています。

最後に、ハンドル周りをビシッと整備したわけですが

グリップヒーターも取り付けねばならなかったため

いつもより手間が掛かってしまい

wait

気付いたら、写真も撮らずに終わってました。ズコー。

きっと無我夢中だったんでしょうね、モギーったら。でも、なぜかお客様のたっての希望で取り付けた当店オリヂナルのスターターノブの写真は残っているという・・・。このときは冷静だったのかしら?オホホ。

ちなみに、ヘッドライトの写真も残っていたんですが・・・確か、モギーが磨くまでもなくピカピカだったような・・・って、なんでやってもいない作業の写真を撮ったんだろう?うーん、思い出せないー。

けど、できました。

 

ということで、この度もアレやコレやの作業のご依頼、有り難うございましたッ!また、ホウィールの塗装では大変お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。ブログの更新も遅くなり、もうすぐグリップヒーターが嬉しい季節になってしまいそうですが、また何かありましたらお気軽にご相談を!ポカポカなご報告もお待ちしておりますッ!

 

ホウィール塗装や、車検&点検整備、季節外れのグリップヒーターの取り付け等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、セルモーターの動作不良とアレやコレや。

「最近、セルモーターがガリッっとなったり、ウィッとなって引っ掛かることがあったんですが?」などと意味不明なメール・・・じゃなくて、点検&修理をご相談くださったR100RSにお乗りのお客様、その後のやり取りはよく覚えておりませんが、とにかくご来店にッ!なったようですッ!だって・・・まだ7月初めのネタ・・・ですよ・・・?3ヶ月前のコトなんて・・・、うわーん!からの、有り難いことですッ!

 

アラ、とってもキレイなR100RS!と思ったかどうかはさておき

まずは、エンヂンオイルを抜きまして

フィルターも交換しました。特に問題はなさそうでした。グッド!

で、お次はセルモーターです。ダメなら交換したいとおっしゃっていましたが、見てみないと判断できませんので

さっさと取り外してバラバラに分解してみま・・・って、ほぼ新品みたいやんけー!

ブラシもぜんぜん減ってないー!しもたー!やらなくて良い作業してしもたー!

ので、ビシッっと清掃&グリスアップだけして元に戻しました。いやいや、異常がないことを確認するのが点検ですから・・・その・・・決してムダな作業ってことでは・・・ええ、そういうことです。(チャリーン♪)

あ、エアフィルターもキレイでした。お客様がおっしゃっていた通り、車輌を販売されたお店の方が色々と部品を新品に交換されていたみたいですので、ひょっとしたらセルモーターも交換されて間もなかったのかもしれませんね。良い買い物だったんじゃあないでしょうかッ!たぶんッ!

てことで、セルモーター自体に問題はありませんでしたので、続いてセルモーターを駆動するための回路を点検します。この回路にはニュートラルスウィッチとニュートラルランプも含まれますので、スウィッチが故障したり、ランプが球切れしたりするとセルモーターは回りません。お客様が「ニュートラルランプがチカチカ点灯することが・・・?」ともおっしゃっていましたので、軽い接触不良を起こしていたんでしょうか・・・?

ちなみに、ギアがニュートラル以外の位置でもクラッチレヴァーを握る(クラッチスウィッチをONにする)ことでセルモーターを駆動できますが、このときはニュートラルスウィッチとランプを介さない回路が成立しています。

などと、余談はこのくらいにしまして、問題になりそうな回路の接続部をビシッと点検しましたので、ついでに充電電圧も点検してレギュレーターも交換させていただきました。

何度か繰り返して確認してみても、ランプの点灯/消灯の様子もセルモーターの動作もバッチリでしたので、もう大丈夫なんじゃあないかッ!と思います。ハッキリした原因を特定できていないのがアレですが、とりあえずこの状態で様子を見ていただき、しばらく走っても症状が再発しなければ問題解決かと。どうかなー?

続きまして、ヴァルヴクリアランスの点検&調整です。

左側のIN、EXのスラスト方向のクリアランスがちょっと広かったので、こちらだけシム調整しておきました。あ、ロッカーアームには問題はありませんでした。

スパークプラグは、汚れがアレでしたので交換しています。

また、オルタネーターとイグニッショントリガーからオイルが滲んでいましたので

オイルシールとO-リングも交換させていただきました。って、軽く拭いただけでイグニッショントリガーがピカピカー!新品みたいー!

それと、マイナス側のバッテリーケーブルも純正中古品に交換しています。いわゆるアーシングが施されていたんですが、ケーブルの取り回しが・・・その・・・整備の妨げになってまして・・・あの・・・ということです。アーシングにまったく意味がないとは思いませんが、基本的には不要なモノですし、こちらの車輌の場合はほとんど効果がなさそうでしたので。

あとは、パカパカになった電源ソケットの蓋を交換して

曇りが気になるヘッドライトレンズを

ピカピカに磨き上げれば

できました。

 

ということで、この度はセルモーターの動作不良の修理とアレやコレやの作業のご依頼、有り難うございましたッ!走行距離は50,000kmを超えていますが、見た感じ各部の状態は悪くなさそうで、大事にされてきた車輌のような気がします。じゃんじゃん乗って、また何か気になることがありましたら、お気軽にご相談を!

 

セルモーターの動作不良の点検&修理や、アレヤコレヤの作業も、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R80、RSカウルの取り付けと。

昨年6月にアレやコレや作業させていただいたR80にお乗りのお客様から、「R100RSのカウルを取り付けたいんですけどッ!」とメールでご相談があったのは・・・そう、3月中旬のことでありまして、当然、そんな都合良くRSのカウルがあるわけ・・・ハッ!ちょうどR100RSをセパハンにしたがっているお客様がいたー!のを思い出し、お伝えしたところ、トントン拍子で話がまとまってしまいました。オ~ゥ、ミラク~ル!アーンド、有り難いことですッ!

 

こちらのお客様ったら、元々R100RSを探されていたそうなんですが

何を血迷ったか・・・じゃなくて、気が付いたらビキニカウルのR80に跨っていたッ!とのこと。そんなコトがあるんですねー。ククク。

と、軽いディスりも入ったところで、さっさと作業に取り掛かります。ファイトー!オー!

ドンドコとアレやコレやを外しまして

RS用のカウルステイを取り付けます。まだまだ先は長いッ!

このタイミングでフォークブーツ?ベローズ?も取り付けておきます。忘れると、あとで大変!なことになりますからね。(経験者談)

エンヂン上のカウルステイも取り付けて

外した部品をズババッと元に戻せば、前半戦終了ッ!

なんですが、ココからがまた大変です・・・。R80とR100RSではメインハーネスが違うので、接続方法を変更しないといけません。こちらの車輌は、幸い?にもハーネスに補修した跡がありましたので容赦なく切断しまくりましたが、メインハーネスに手を加えるのはちょっと躊躇しちゃいますね。

ま、RSカウルにするにはイグニッションスウィッチも変更になりますので、何かしら加工は必要になりますが。つか、この変更が何気に一番苦労したっつーの!キーッ!

あ、アノ人から外したRSカウルは

メーターダッシュが割れていましたので、あらかじめビシッと交換しておきました。

おっしゃー!いくぞー!ウォォォー!

wait

まだまだー!

あ、ブレーキホースの長さがアレでしたので交換しています。

オラオラー!

wait_wait

ハイ、できたー!

カラーリングもぴったんこー!

なんですが、R80にはオイルクーラーがないので、ココの穴は・・・その・・・気にしないでくださいッ!このカヴァーも、今となっては貴重な部品ですのでッ!

おっと、もうこんな時間!妻が待つおウチに帰らなくっちゃ!

time

って、何してんのー!終わりじゃないのー!

そうなんです。実は、ドライヴシャフトのオイルドレインのネジ穴がアレなんです・・・。

お客様は「予算の都合もあるんで、次回にでも・・・」とおっしゃっていたんですが、けっこう遠く(茨城)からお越しくださっていることを考えると、見て見ぬ振りはできないッ!のでありますッ!(チャリーン♪)

グッ、いつ見ても心臓に悪い・・・

ですが、ビシッと修理してしまえば、もう安心です。フゥ~。

ついでなんで、ブレーキと

ホウィールもキレイにしておきました。フフフ。

ハイ、できたー!

できたぞー!ウォォォー!

 

ということで、この度はRSカウルの取り付けのご依頼、有り難うございましたッ!お話をいただいてから取り掛かるまでかなりお待たせしてしまい申し訳ありませんでしたが、ビシッと作業しておりますので、憧れだったというRSカウルを思いっ切り楽しんじゃってください。これから寒くなるにつれ、その無敵のフルカウルっぷりを味わえると思いますので。また何かありましたら、お気軽にご相談を!

 

RSカウルの取り付けや、ついでのドライヴシャフトのオイルドレインのネジ穴の修理も、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、ETCの取り付けとサイドスタンドの取り付けと。

R100RSに乗り始めたばかりというお客様から、「出しやすいサイドスタンドがッ!あと、ETCもッ!」とのご相談がありまして、取り付けさせていただいたのも懐かしい思い出・・・じゃなくて、6月のことでした。確か、とても暑い日だったような気がします。って、よく覚えてませんけど。オホホ。からの、有り難いことですッ!イエース!

 

さ、ドンドコとご報告してまいります。

まずは、いつものシートロックボタンのキャップを勝手に取り付けまして(チャリン♪)

始動時にグッ、ググゥ~とやけに動作が重かったBOSCH製セルモーターも

ギュンギュン回るValeo製のモノに交換させていただきました。あ、かなり汚れていたエアフィルターも新品にしています。(チャリン♪チャリーン♪)

それと、エンヂン前側のオイル滲みはありませんでしたが、点火時期が少し遅れていましたのでビシッと調整しておきました。BOSCH製セルモーターを取り外すにはエンヂンのフロントカヴァーを外す必要がありますので、ついでにできる点検&調整は・・・やっても良いですよね?ね?(チャリーン♪)

てことで、すでにチャリン♪しまくってお腹いっぱいですが、ココからが本番です。在庫している中古ETCと、あらかじめ輸入屋ビーマーさんから取り寄せておいたサイドスタンドを

ドンドコ

ドンドコと取り付けます。

サイドスタンドは、ココのエンヂンマウントボルトを利用して取り付けるんですが、このナットが回らずちょっと焦りました。

こんな感じの取り付けになります。ネジ山もビシッと修正して、ナットもスルスル~♪です。

どうですかッ!

良いんじゃあないでしょうかッ!

と思ったら、センタースタンドを下ろすための突起の先端が干渉していました。ズコー。

なので、グイっと修正しています。ギリ、セーフ!

ハイ、できました。

 

ということで、この度はETCとサイドスタンドの取り付けのご依頼、有り難うございましたッ!ついでに幾つか追加で作業させていただいてしまいましたが、どれもやっておいて良かったと思えるものですので、まずは出しやすくなったサイドスタンドで、じゃんじゃんR100RSをお楽しみください。調子も良さそうですのでしばらくは何もない気もしますが、また何かありましたらご相談を!

 

ETCの取り付けや、社外品のサイドスタンドの取り付け、ついでにアレやコレやの作業も、諸々承っております。ご相談くださいッ!