西方(愛知)から、トランスミッションのO/H。

またまた遠方のお客様から「リアタイアを回すと、なんかスウィングアームの辺りから異音がするんだけど!」とのご相談があり、なんだかんだでトランスミッションをO/Hさせていただいておりました。って、こちらのお客様、ちょいちょい修理のご相談&部品のご注文をくださっておりまして、過去にキャブレターのO/Hもやらせてもらってるんですよねー。遠くからッ!有り難いことですッ!

 

ほんじゃ、さっそく取り掛かるとするかのう。

ブホッ!なんつう汚れや・・・!

じゃなくて、まずは現状を確認してみます。

ブホッ!なんつう手応えや・・・!ガガガッってなっとるやないかー!

(動画でご覧いただけます。)

こりゃ、中がエライことになってるんじゃあないかッ!

wait

と心配になるかもしれませんが、カヴァーを固定しているボルトをちょっと緩めれば、アラ不思議!ク~ルクル~♪と回っちゃいました。てことで、作業終~了~。

(動画でご覧いただけます。)

じゃなくて、つまり、その程度のクリアランスの変化でベアリングの回転が重くなったり、ギアが干渉して引っ掛かったりするということなんですねー。モギーも自分なりの方法を見付けて、ようやく毎回同じようにトランスミッションをO/Hできるようになったつもりでおりますが、何回やっても実際に走って確認するまでは安心できないという・・・。なので、ちょっとアレな仕上がりだったとしてもッ!お許しくださいッ!と言いたくなる気持ち、分かっていただけるんじゃないかと。テヘヘ。

などと、言い訳っぽい話はこれくらいにしまして、作業に戻り・・・ん?何だろ、コレ?ジヴァイス・・・ネヤ・・・デ・・・?

って、ネジがヤバイのかー!なんでー!

つか、ヤバイんじゃくて完全にナメておりましたので、ボルトの頭を飛ばさせていただきました。フゥ、焦るぜ~。

と、ちょっとイレギュラーな出来事がありましたが、あとはいつも通りです。ジャブジャブ&ゴシゴシ洗浄して

各部を点検&ベアリングをズババッと交換して

ドンドコ組み立てて、ビシッとシム調整すれば

あとはカヴァーを閉めて、作業終~了~。あ、アウトプットフランジに薄っすらスジは見えますが、爪が引っ掛かるほどでもなく、状態は良好でした。

ハイ、できました。ク~ルクル~のク~ルクル~♪

 

ということで、この度はトランスミッションのO/Hのご依頼、有り難うございましたッ!すでに作業から数ヶ月経過していますので特に問題ないとは思いますが、もし何かありましたら遠慮なくご連絡を!責任持って対応しますので。ますのでー!

 

遠方の方でも片道の送料をご負担いただければ、O/Hを承っております。ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です