R100GS、ステムベアリングの交換と。

前回、クラッチ板とドライブシャフトの交換をご依頼くださったR100GSにお乗りのお客様、「やっぱり、ステムベアリングもッ!交換したいィィィ!」とのことで、またまたソッコーでご来店にッ!え?もうちょい先のお話じゃあなかったでしたっけ?アレレ?からの、またしても有り難いことですッ!

 

つか、この前の作業でステムベアリングの締め付け具合を調整させていただいたんですが、かえって引っ掛かりが気になるようになってしまったという・・・。モギー的には許容範囲のつもりでも、やっぱり普段乗られているお客様のほうが変化や違和感に敏感なんですね。トホホ。

てことで、さっさと作業に取り掛かります。前回の調整でアジャストリングをキレイにしておいたので、今回はすんなりトップブリッヂを外せました。

で、ズババッとステムベアリングを交換します。見ての通り、2本サスやモノサスと比べるとパラレヴァーのステム周りの部品構成ってだいぶ違いますよねー。

ちなみに、取り外したベアリングはこちら。アウターレースにくっきり打痕が付いていて、引っ掛かりが気になるのも当然の状態でした。今回のように二度手間になってしまうこともありますが、通常、一度は調整で対処させていただき、どう調整してもダメなら交換するという方針でやっておりまして・・・その・・・あの・・・です。

と、言い訳っぽい話はこのくらいにしまして、ツルピカのアウターレースをしっかり取り付けたら

ベアリングの締め付け具合をビシッと調整して、ズババッと元に戻します。おっし、できたー!

と思ったら、ブレーキディスクがなんか濡れてました。ズコー。

などと、ズッコケている場合ではありませんので、ソッコーでお客様に連絡ゥゥゥ!早くしないと明後日の納車に間に合わないィィィ!

 

「モギーです。実は・・・ハイ、ビシッと直しておきます。ガチャリ」

phone

 

お客様の許しを得ましたので、さっさとブレーキキャリパーをO/Hします。

お客様にお聞きしたところ、「そういえば最近、急にブレーキが利かない感じが・・・?」とおっしゃっていましたが、内側のパッドにかなりのウェット感ッ!ギャー!なにコレー!

ね、ダダ漏れです。

なので、ソッコーでバラバラに分解して、ジャブジャブ&ゴシゴシ洗浄します。

あ、お客様もご存知でしたが、ピストンのパッドとの接触部がボロボロに傷付いていました。ピストンの揉み出しか何かでできたんでしょうか。すでに中古のキャリパーもご用意されていたとのことでちょっともったいない気もしましたが、モギーご自慢の在庫に・・・もこのピストンはありませんので、今回はそのまま再使用させていただきました。くやしー!

けど、ないものはないッ!のでありまして、さっさとビシッと組み立てて

ズババッと元に戻しちゃいます。

ハイ、できました。

 

ということで、この度はステムベアリングの交換とブレーキキャリパーのO/Hのご依頼、有り難うございましたッ!モギーの調整&判断が悪く二度手間になってしまい申し訳ありませんでしたが、今回は交換してバッチリになったと思いますので、またじゃんじゃん走りにお出掛けしちゃってください。次のメインテナンスのご相談もお待ちしております!

 

ステムベアリングの交換や、不意のブレーキキャリパーのO/Hも承っております。ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です