ダイナコイルの取り付け(2本サス、R65)。

R65(2本サス)のダイナコイルの取り付け方法を紹介します。

DSC_0009

初めに、イグニッションキーがOFFになっていることを確認し、ガソリンタンクを外します。R65(2本サス)は前後にコイルがあります。

DSC_0006

前側コイル
前側コイル
後側コイル
後側コイル

前側のコイルから端子を抜き、コイルを取り外します。配線は「黒(太)」、「黒(細)」と「黒/黄」の3種類あり、ダイナコイルへ交換する場合は「黒/黄」は使用しません。

DSC_0020

「黒(太)」はエンヂン上部からの配線で、ポイントからの点火信号(電流の断続)になります。「黒(細)」はタコメーターに繋がっていて、点火信号をメーターに送ってます。

DSC_0024

また、コイルを取り外すと、コイルに共締めされていた「茶」のハーネスが現れます。コイルからボルトとワッシャーを外して再利用し、

DSC_0088

付属のM5ナットとワッシャーで「茶」のハーネスをフレームにしっかりと固定します。

DSC_0096

続いて、後側のコイルから端子を抜き、コイルを取り外します。配線は「緑」と「黒/黄」の2種類あり、ダイナコイルへ交換する場合は「黒/黄」は使用しません。

DSC_0022

後側のコイルを取り外したら、外したボルトとワッシャーを再利用してステイを取り付けます。

DSC_0037

また、取り外したコイルから端子を1個外し、キレイに磨きます。

DSC_0044

この外した端子をダイナコイルの片側に再利用し、
(写真の向きを参考にしてください。)

DSC_0045

ダイナコイルを付属のボルト、ナット、ワッシャーでステイに取り付けます。

DSC_0003

「黒(細)」のハーネスは長さが足らないので、延長ハーネス(仕上がり寸法で約230mm)を作ります。

DSC_0066

DSC_0065

延長した「黒(細)」のハーネスを、コネクターに繋がるハーネスの束でできた輪の中に通します。こうすることで、ハーネスがフレームなどに干渉するのを防ぐことができます。また、使用しない「黒/黄」のコネクターも輪の中に収めておきます。

DSC_0027

延長した「黒(細)」のハーネスと「黒(太)」のハーネスを適当なゴムチューブでまとめます。

DSC_0035

こうすることで、ハーネスがエンヂン上部のカヴァーに干渉するのを防ぐことができます。

DSC_0052

「緑」のコネクターをダイナコイルの分岐していないほうの端子に、

DSC_0007

「黒(太)」と「黒(細)」のコネクターを分岐しているほうの端子にしっかりと差し込みます。

DSC_0038

プラグコードの取り回しが変わりますので、複雑にならないように取り回しを変更し、ダイナコイルに差し込みます。

DSC_0047

また、後側でも使用しない「黒/黄」のコネクターをハーネスの束でできた輪の中に収めておきます。

DSC_0059

これで取り付けは完了です。実際にエンヂンを掛けて始動テストをします。問題なくエンヂンが掛かればOKです。ガソリンタンクを元に戻して作業終了です。

 

注意!
「黒(太)」のハーネスは端子まで届く長さが十分あると思いますが、もし足りない場合は、無理に引っ張ったりせずに延長ハーネスを作って対応してください。ハーネスが破損すると、エンヂンが始動できなくなる恐れがあります。

DSC_0052

注意!
「黒(太)」のハーネスと延長した「黒(細)」のハーネスは、必ず適当なゴムチューブ等で保護してください。エンヂン上部のカヴァーと干渉してハーネスが破損すると、エンヂンが始動できなくなったり、タコメーターの針が動かなくなったりする恐れがあります。

DSC_0056

 

取り付け作業も承っております。ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です