R60/7、J&Pカスタム。(その4)

「気軽に乗れるようにしっかりと整備して、ボロボロにヤレた外観でカッコ良く仕上げたいッ!」というR60/7、たっぷりお時間はいただいていますが、少しずつ作業を進めています。

DSC_5187

 

まずは、まったく収まらないガソリンタンクの取り付け具合を修正します。どうやら、このフレームに溶接されたホーンの取り付け部が干渉しているようです。

DSC_5655

タンクの出っ張りが

DSC_5637

ココに当たります。

DSC_5652

左側のほうが強く当たってますね。

DSC_5646

とりあえず、叩く→仮組み→叩く→仮組み→・・・を繰り返し

DSC_5671

なんとか収まり具合が良くなってきましたが、今度は違うトコロが干渉しているッ!

DSC_5663

また、叩く→仮組み→叩く→仮組み→・・・を繰り返し

DSC_5668

ようやくしっかり収まるようになりました。

DSC_5659

ホーンを戻しても干渉しません。

DSC_5768

各部のクリアランスもしっかり確保できてます。やってやったぞッ!

DSC_5693

マウント部もビシッと修正し、この通り。

DSC_5700

フゥ、なんとか正しい位置に取り付けできるようになりました。バンザイ!

DSC_5773

でも、ベコベコの外観とは裏腹にタンクの中の状態は

DSC_5783

非常に良いんですよね。

DSC_5778

こんなゴミが入ってましたが。アハハ。

DSC_5810

タンクの中を洗浄しても

DSC_5840

この程度のゴミしか出てきませんし。これは良いタンクですね!

DSC_5846

ついでに、使用予定のテイルランプ、ウィンカーと

DSC_5724

ハーネスを取り外しておきました。

DSC_5713

で、外した部品を整理しておきます。当店はそんなに広くありませんので、そうしないと作業スペースがどんどん狭くなっちゃいますから・・・。

DSC_5733

ちなみに、元のタンクの中はかなり汚れてました。乾燥した地域にあった車輌ということなので、給油の度に砂埃が入っていたんでしょうか。

DSC_5759

防錆塗料が剥がれたカスもかなりの量ですし、

DSC_5762

フューエルコックにも粘土状のモノがたっぷり溜まってした。ま、コックは比較的新しい感じなので、O/Hすれば十分使えそうですが。

DSC_5742

 

ということで、金属加工屋さんにサブフレームの修正をお願いする前に、カスタム以外の整備&修理もできるトコロから進めていきます。ファイトー!

 

(続く)

 

ベコベコに歪んだタンクの取り付けも承っております。ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です