R100RS、点火不良の修理。

つい先日、「しばらく走っていると、急に片肺になったような感じでエンヂンが吹けなくなってしまうッ!」とのことでポイントの点検&調整をさせていただいたR100RSにお乗りのお客様でしたが、「やっぱり吹けないッ!全然ダメだッ!」とご連絡がッ!オ~ゥ、ノ~ゥ。でも、有り難いことです・・・ガックシ。

 

なので、またまた車輌をお預かりすることになりました。

DSC_5383

とりあえず、気になっていたイグニッションコイルに繋がるコネクターを作り直します。

DSC_5388

こんな感じでスリーヴが割れていますし、端子もかなりお疲れのようなので

DSC_5396

新しい端子で確実な接続を実現して、接触不良の可能性を潰しておきます。さて、どうかしら?

DSC_5401

ブホッ!何だッ!この点火時期の乱れはッ!

DSC_5439

ウッ!ポイントもバチバチ火花が飛んでいるッ!コイツは・・・!

DSC_5426

前回はココまで酷い症状は出ていませんでしたのでイマイチ原因が掴めませんでしたが、今回はこれだけ再現性のある状態でお越しいただいたのでハッキリ分かりました。

g13_1

てことで、ポイントをユニットごと取り外し

DSC_5406

コンデンサーを交換します。

DSC_5431

そう、原因はコイツ、コンデンサーです。コンデンサーには、ポイントが開いてイグニッションコイルの一次コイルに流れる電流を瞬時に遮断し、二次コイルの発生電圧を高くするという役割があります。つまり、一次コイルの電流がスパッと切れないと二次コイルの電圧もドンッと上昇せず、結果、スパークプラグにも良い火花が飛びません。そりゃ、エンヂンも不調になりますね。

また、コンデンサーには接点の焼損防止の役割もありまして、当然、あんなにバチバチ火花が飛んでいたとなればポイントの接点も荒れてしまいます。正しく機能していればポイントが開いたときにスパッと電流が遮断されますので、定期的な点検&調整は必要なものの、接点がすぐに傷むようなことはありませんから。アチャー。

DSC_5410

シュッシュッと磨いてキレイに均せば、ご覧の通り。さあ、どうなのよ!

DSC_5418

ヒュ~♪イイじゃなーい。

DSC_5426

点火時期も安定してるじゃなーい。

DSC_5439

モギー、やるじゃなーい。ニコッ

やるじゃない

できました。

DSC_5383

 

ということで、この度は点火不良の修理のご依頼、有り難うございましたッ!また、原因がハッキリせず何度もお越しいただくことになってしまい申し訳ありませんでした・・・。これで、しばらくは問題なく走れるようになったかなと思いますので、また時期を見て点検&調整にご来店ください。以前に作業させていただいたときから4,000kmほど走行されていたとはいえ、今度のコンデンサーにはもっと長持ちしてもらいたいですねー。(切なる願い)

 

ポイント式点火ユニットの修理も承っております。ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です