R100RS、長期不動からの整備&登録作業。(その5)

6月の終わり頃に「15年くらい放置された不動車を買っちゃったんだけど、整備と車検をお願いできるかな?」と突然ご来店くださったお客様のR100RS、少しずつ作業を進めておりました・・・。

 

前回、リア周りの作業を終えてだいぶ気が楽になってきたモギー、いよいよエンヂン周りの整備に取り掛かることにしました。

DSC_6971

それにしても、見れば見るほど

DSC_6983

ヤル気が失せる・・・じゃなくて、錆と汚れがすんごいコトになっているッ!のを思い知らされます。(二度目)

DSC_7053

やるしかないッ!ような気がしないでもないッ!

DSC_6988

オ~ゥ、こんなトコロまで白い粉が・・・!

DSC_7001

プッシュロッドチューブは上側からもオイルが滲んでいたみたいですね。

DSC_8005

イグニッショントリガーのトコロもオイルが滲んでいましたので、O-リングを交換しておきます。

DSC_8000

さて、頑張るぞー!

wait

 

~数時間後~

ハイ、キレイになりました。

DSC_7045

お次はコチラ。

DSC_6988

ファイトー!オー!

wait

 

~数時間後~

ハイ、ピカピカになりました。

DSC_7032

と、簡単そうに書いていますが、ウルトラ大変だっつーの!!

dattsuno

ハッ!イカン、イカン。無の心を忘れておりました。無の心、無の心・・・

0007

エンヂンの清掃も終わりましたので、フランヂナットをブラスト済みのモノに交換し、ピカピカになったイグゾウストパイプを取り付けます。白い粉を吹いていたネジ山も、錆を落とせば状態はとっても良好でした。グッド!

DSC_7063

キャブレター周りを元に戻すついでに、カチカチになったインシュレーターも交換しています。

DSC_7078

そして、細々した作業を一気に片付ければ・・・オラオラオラオラオラオラー!

oraoraoraora

って、すっかり無の心を放棄しちゃいましたが、できました。ウォー!でも、まだキレイになっただけー!ウゥォォー!

DSC_7064

 

~翌日~

エンヂンもキレイになりましたので、いよいよヴァルヴクリアランスを点検&調整することにしました。汚れたままヘッドカヴァーを開けるのは、ちょっと気が引けますからね。

DSC_7085

ウッ!またこんなトコロにヘンなガスケットがッ!んもう、なんなの!

DSC_7091

でも、状態はまったく悪くありませんでした。ロッカーアームのベアリングやスリッパーの当たり面も問題ありませんでしたし、ヴァルヴのステムエンドもどれも良好でした。もちろん、ヴァルヴクリアランスもビシィっと調整しています。

DSC_7107

で、ヘッドカヴァーを塗装するので仮のカヴァーを取り付けまして、ひとまずエンヂン周りの作業は終~了~。つか、液体ガスケットなんて使わなくても漏れないじゃん・・・。

DSC_7112

それにしても、エンヂン周りの作業をしていて思いましたが、コチラの車輌、やっぱり17,000kmは実走行みたいです。何しろ、フライホウィールに印字された「OT」や「S」マークがこんなにキレイに読めますから。こりゃ、意外と期待できるかも・・・?

DSC_7101

 

という感じで、またまたかなーり頑張ったのに、まだエンヂンの始動もできていないという・・・。

 

(続く)

 

不動車のエンヂン周りの整備や、汚れと錆の酷いエキゾウストシステムのお手入れも(渋々)承っております。ご相談くださいッ!

「R100RS、長期不動からの整備&登録作業。(その5)」への1件のフィードバック

  1. ガンバレ〜!
    見た目ほど中が酷くなくて良かったね。
    でも見た目をどうにかするのも大変か!?
    後は何が残ってるのかな?電気系とフロントフォーク?
    後少し、ガンバって記事書いてくださいw(もう作業は終わってるんでしょ?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です