長期不動のR80、フューエルコックO/H。

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

シリンダーヘッドを内燃機屋さんに預けている間に、できる作業を進めます。
キャブレターのO/Hに続き、フューエルコックのO/Hです。

分解したフューエルコックも頑張ってキレイに洗浄します。

DSC_0020

あのトロ~リとした残留物も

DSC_0021

完全に除去できました。
パッキンとO-リングの状態は悪くなかったので、再利用です。

DSC_0061

このネジ式のフタの取り付けは、コツを覚えてても大変ですね。
何度やっても指先が痛みます。

DSC_0063

バッチリです!レヴァーの動きもカチッ、カチッと決まります。

DSC_0064

パイプを中古良品と交換し、moto-binsで取り扱っているストレーナーを用意すれば完成です。黒いプラスチック製のインヂケーターも交換すれば、新品みたいに見えるかも?

DSC_0071

しかし、ガソリンタンクをどうしよう・・・。

 

(続く)

 

長期不動車でも、なんとかします。ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です