長期不動のR80、フロントブレーキO/H。

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

シリンダーヘッドを内燃機屋さんに預けている間に、できる作業を進めます。
引き続き、フロント周りの整備です。

フロントフォークとタイアが車体に戻ったので、ブレーキ周りをO/Hします。
長期不動車だけあって、キャリパーのピストンの動きが渋いですね。

DSC_0002

マスターシリンダーにも、漏れたブレーキフルードが結晶化したモノが付着してます。
フルード交換を定期的にしていても、けっこう同じような状態の車輌は多いです。

DSC_0008

当然、フルードも劣化しています。

DSC_0009

O/Hの基本、まずは洗浄して各部の確認です。

DSC_0014

マスターシリンダー、キャリパーとも、状態は悪くありませんでした。
(マスターシリンダーは再塗装してます。)

DSC_0005

マスターシリンダーにリザーヴタンクを取り付け、

DSC_0021

新品のピストンを組み込みます。
シリンダーの状態も悪くなかったので、スムースに動きますね!
純正のピストンキットの値段は値上がりしていましたが・・・。

DSC_0022

キャリパーも、新品のシールキットを用意して組み立てます。

DSC_0010

こういう機会でもないとなかなか分解しないキャリパー、中のO-リングも交換しました。

DSC_0015

外したO-リング(左)が少し潰れているのが分かります。

DSC_0008

ここまでやれば、ピストンも本来のスムースな動きになりますので、ブレーキもしっかり利きますね。

DSC_0018

パッドピンは錆がヒドイので、

DSC_0025

キレイに磨いてからグリスアップしてやります。

DSC_0026

パッドは残りが十分あるので、とりあえずそのまま使用してみます。
取り扱い予定のパッドが届けば交換したいところですが。

DSC_0027

で、キャリパーをフロントフォークに取り付けて作業終了です。

DSC_0032

キャリパーのカヴァーも割れていたので、割れのない中古良品に交換しておきました。
まだ純正部品も出るので、割れている方は交換することをお勧めします。そんなに高くありませんし。

DSC_0001

もちろん、後日、ブレーキホースを繋いで

DSC_0002

エア抜きもバッチリ行いました。

DSC_0121

ブレーキ周りのO/Hも済んだので、いよいよフロント周りを完成させます!

 

(続く)

 

フロントブレーキのO/H、ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です