長期不動のR80、フロント周りの整備。(その2)

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

シリンダーヘッドを内燃機屋さんに預けている間に、できる作業を進めます。
引き続き、フロント周りの整備です。

いよいよ、フロント周りを仕上げます。
まずはヘッドライトから。

DSC_0002

ヘッドライトレンズのシールが千切れていたので、交換します。

DSC_0005

曇っていたレンズは

DSC_0007

ピカピカに磨きます。
この透明感、気持ち良い~!

DSC_0010

輝きを失ったリムも

DSC_0004

この通り!イエスッ!

DSC_0013

続いて、ハンドル周りを取り付けます。

今回、ハンドルパッドを外したままにするので、ステムナットを穴の開いていないモノに交換し、トップブリッヂも程度の良い中古品に交換しました。
ココがキレイになると、印象がかなり変わりますからね。

DSC_0054

ヘッドライトを固定するボルトとワッシャーも、

DSC_0056

新品のボルトとキレイな中古ワッシャーに交換です。

DSC_0059

ハンドルクランプも中古品ですが再塗装したモノに交換し、ハンドルもめっきタイプにしました。

DSC_0088

また、そのままだとメーターの位置が高くなるので、当店オリヂナルのメーターステイを取り付けます。スロットルケーブルやクラッチケーブルの干渉も問題ありません。
ついでなので、これまた当店オリヂナルのETCアンテナ用ステイも取り付けちゃいました。

DSC_0085

メーターを仮組みしてみても、クリアランスは十分ですね。

DSC_0100

ETCのアンテナを取り付けると、こんな感じになります。

DSC_0111

フロント周り完成まで、あともう少し!

 

(続く)

 

ハンドル周りの作業や、ETCアンテナ用ステイの取り付けも、ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です