危険なふたり。

週末、以前にもご紹介したドラマチックなR80にお乗りのお客様が部品を購入にご来店くださったんですが、到着するなり「アレ、まだお客さん来てませんか?」と意味不明なことおっしゃいまして、聞けば、ネットつながりの知人と当店で落ち合うお約束とのことッ!なんというッ!よもや、当店が待ち合わせスポットになろうとはッ!あざーす。

といっても、R80のお客様も実際にお会いしたことはないらしく、ブログのコメント欄でのやり取りから今日のプチ・オフ会になったそうです。うーん、インターネット時代の出会い方ですなぁ。しかも、こうして新たなお客様まで呼び込んでくださるとは。ステマに感謝でありますッ!

で、アレコレお話していると、しばらくして見覚えのない白いR100RSがご来店にッ!ほんとにキター!

DSC_8467

なんでも、お二人を繋いだのはこの見慣れない、しかしドコかで見たようなサイドスタンドだそうで

DSC_8469

確かに、R100RSのお客様も取り付けていらっしゃいました。おそらく日本で2台しかいないであろうこのサイドスタンド使いが、こうして当店で出会うとは・・・

DSC_8471

 

stand
ジョジョの奇妙な冒険より

ってことでしょうか。

サイドスタンドの詳細については、R100RSのお客様のブログ(1)(2)にて紹介されていますので、気になる方はチェックしてみてください。しっかりした造りのようですし、取り付けも比較的簡単そうで、各部のクリアランスもちゃんと確保できてました。何より、コストパフォーマンスも高いそうです!なんか、将来メジャーな「流用サイドスタンド」になったとしたら、その始まりを目の当たりにしたことになるのかも?などと思っちゃいました。ま、臆病なモギーはソコソコ普及するまで様子見するタイプですが。オホホ。
注意! このサイドスタンドはモノサスへの取り付けは確認できていますが、それ以外の車種には取り付けできない恐れがあります。安易にポチらないよう、お気を付けください。

ぼーく(僕)にはー♪でーきないー♪

kiken

って、このジャケット写真を使いたかっただけなんですけど、上手くまとまったんじゃないでしょうか。時代遅れな音楽なのに、久々に聴いたらやっぱり良い歌だったので、ついネタにしたくなってしまいました。つか、ジュリー、かっけー!

 

ということで、この度はご来店&部品のお買い上げ&コーヒーとお菓子の差し入れ、有り難うございましたッ!お二人ともご自身で整備も楽しまれる方ですので、あまりお役に立てないかもしれませんが、何かありましたら遠慮なくご相談ください。またのご来店をお待ちしておりますッ!

 

部品の購入や、ちょっとしたオフ会の場所に、ご来店くださいッ!

R100RS、フロートチャンバーガスケットを探して。

またしても、当店のある横浜市内にお住まいの方が「キャブレターのガスケットをください。」と、突然のご来店ッ!有り難いことですッ!2016年、なんか幸先良いー!

 

こちらのお客様、最近キャブレターを交換&O/Hしたそうなんですが、誤ってフロートチャンバーのガスケットを傷めてしまったらしく、「ネットで探したら、近所に2V-OHVのBMWのお店があったので来ちゃいました。」とのこと。当店はちょっと分かりにくいトコロにありますので少し道に迷われたみたいですが、無事にご来店いただけてこちらも嬉しいです!

DSC_4829

サッと交換し、同時にちょっと?かなり?下がっていた右側の油面も調整、ついでに同調も点検&調整させていただきました。(もう少し詰められそうですので、頑張ってみてください。)

DSC_4820

普段はご自身で整備されているそうで、「最初はボロでしたが、いろんなトコロにお願いしながらコツコツ直してきました。」というこのR100RS、とてもボロだったとは思えない仕上がりです。外装だけでなく、機関にも丁寧に手を掛けていて、R100RSに対する愛情がハッキリと伝わってきました。エンヂンの調子も良さそうですし、是非、永くお楽しみください!

と言いつつ、ヘボカメラマンのモギー。逆光を嫌って手をかざしたら思いっ切り指が写り込んでいたッ!ので、今度、あらためて写真を撮らせてください。(姑息な営業)

DSC_4818

 

とうことで、この度は純正部品の購入にご来店いただき、有り難うございましたッ!また何か必要な部品がありましたら、遠慮なくご相談ください。整備や修理についてもお手伝いできることがあるかと思いますので、今後とも宜しくお願い致しますッ!(コピペ)

 

純正部品もけっこう在庫しております。お問い合わせくださいッ!

R80、タイミングホールプラグを探して。

当店のある横浜市内にお住まいの方から「タイミングホールのキャップをポロリと落としちゃいまして・・・」とのお問い合わせがあり、在庫があることをお伝えしたところ、さっそくご来店くださいましたッ!有り難いことですッ!ウホッ!

 

こちらのお客様、このモノサスのR80を20年ほど所有されているそうです。ウッ、モギーの所有暦(14年)より長い・・・、ガクッ。(敗北感)

DSC_4741

で、お買い求めいただいたのはココ、タイミングホールのプラグ(キャップ)です。このプラグ、古くなると硬くなってユルユルになっているモノもありますので、ポロリとなくしてしまう前に交換してしまうのも良いかもしれません。価格も¥180/個(税抜)ですし。

DSC_4742

ついでに、ちょっとアイドリングの高かった同調を調整させていただきましたが、少し前にしっかり整備されているようで調子は良さそうでした。てことは、モギーの出番は少ないのかッ!(複雑)

それだけじゃなく、こちらの車輌、なんだかとってもキレイなんです。1993年製なので20年以上経過しているにもかかわらず、ホウィールなんかピカピカしてます。

DSC_4747

汚れたら拭くようにしているだけなんだそうで、確かに塗装が少し薄くなって下地が見えているところもありますが

DSC_4745

20年間しっかりと手を掛けてあげると、このツヤ感を維持できるんですね~。正に「継続は力なりッ!」ですね。自分も見習わなければ。(手遅れ)

DSC_4749

ここ数年は関西方面にいらしたそうで、整備はそちらで信頼できるバイク屋さんにお願いしていたとのこと。うーん、負けられませんなぁ。

とうことで、この度は純正部品の購入にご来店いただき、有り難うございましたッ!また何か必要な部品がありましたら、遠慮なくご相談ください。整備や修理についてもお手伝いできることがあるかと思いますので、今後とも宜しくお願い致しますッ!

 

純正部品もけっこう在庫しております。お問い合わせくださいッ!

ニィゼロイチロク。

アケマシテ オメデトウ ゴザイマス。

ニィゼロイチロク ネンモ コツコツガンバッテ マイリマスノデ ヨロシクオネガイ イタシマス。

robo

 

と、テキトーなご挨拶になりましたが、この一年もお客様のお役に立てるよう少しずつできることを増やしながら精進していくつもりですので、何かご相談がありましたら遠慮なくご連絡、ご来店ください。お待ちしておりますッ!

2016年も、コツコツやってやるッ!ウゥリィィィ!

ドラマチック・サタデー。

昨日のことです。年内に納めるお仕事も無事に終え、

「もうお客様のご来店もなさそうだし、のんびりしちゃう?」

と、すっかり油断していた土曜日の午後。少し前にメールで今後の整備のご相談をいただいていたお客様が、突然ご来店になりました。ヤッべ、心の準備がッ!

DSC_4565

というのも、実はこの日、大学時代の数少ない友人の一人から「仕事が空いたんなら、ウチ来る?」との誘いがあったんですが、そこは意外と真面目なモギーです。

「いや、作業はないけどやっぱり店を空けらんないから、○○がコッチ来ない?」

と、逆に誘い返しまして、その友人が遊びに来てくれることになっていたんです。しかも、この友人はバイクに乗らなくなってしまったので、最寄りの駅まで迎えに行かなければならなかったんですが、正にそのタイミングでのご来店。たまたま土曜日は妻が手伝いに(遊びに)来てくれていましたので、頼んで迎えに行ってもらったんですが・・・

お客様 「アレ、○○くん?」
友人  「あ、□□?何してんの、こんなトコで?」

racer100

なんとこの二人、中学時代のサッカー仲間だというッ!それも、10年?20年?振りの再会ッ!こんなトコロでッ!つか、写真誰ッ!

バァーン!

 

知らんがな。じゃなくて、コチラのお客様、学生時代はけっこうハデに活躍されていたそうで、初対面と思っていたモギーもその、お客様がお仲間と企画された「男女90人、夏のテニス合宿 in 軽井沢」という名のおバカ・イヴェントに参加していたという事実も判明。あのおバカ合宿に、このお客様も一枚噛んでいたとは・・・、その節は大変お世話になりました。あざーす!

 

という思いもよらない出来事があり、肝心の営業トーク(点検&ダメ出し)を忘れてしまいましたが、この度は同調調整やお持ち込みいただいたETCの取り付け作業をご依頼いただき、有り難うございましたッ!R80を入手されたばかりとのことですが、永く乗り続けられる良いバイクだと思いますので、何かお手伝いができることがありましたら、遠慮なくご相談ください。今後とも、宜しくお願い致しますッ!

 

こういう事があると、やはり「縁」というモノを感じざるを得ませんね。たまたまの選択が重なって起こる、偶然とも必然と言えない何か。過去の経験から「二度ある」と感じているモギー、また同じコトが起こりそうな予感がします。こりゃ、来年もブログのネタには困りそうにないですなぁ。クヒヒ。

 

同調調整やお持ち込みのETCの取り付け、意図しない再会まで、諸々承っております。ご来店くださいッ!

アー・ユー・メリー?

「アー・ユー・メリー?」が「メリー・クリスマス、楽しんでますか?」の意味でないことくらい分かっていますが、もしそう聞かれたら今日だけは

「イエス!アイム・メリー!」
(はい!私はメリーです!)

と答えても良いと思います。だって、クリスマスですから。ジングルベ~ル♪ジングルベ~ル♪鈴が~鳴る~♪ ヘイ!

 

と、珍しく浮かれ気分になっているモギーですが、それもやむなし。いつも週2回、火曜日と金曜日にパン屋さんが軽トラで営業(押し売り)に来てくれてるんですが、今日はクリスマスということでケーキを持って来てくれました!ウホッ!

DSC_4553

いやー、パン屋さんの営業トークにコロッと騙されちゃいまして、ついつい購入しちゃいました、クリスマス・ケーキ。宗教的な意味合いはともかく、今夜くらいはちょっとハシャいでも良いですよね。パン屋さん、いつもありがとー!でも高っけー!(¥3,500/ホール、税込)

皆さんも、ステキなクリスマスを!

 

あ、明日からはちゃんと答えますよ。

「ノォゥ!アイム・ナット・メリー!」
(ふざけろッ!俺はメリーじゃないッ!)

ズッ客。

ある晴れた金曜日、またしても頼んだ記憶がない荷物が届きました。あなたならどうしますか?

(1)とりあえず開梱し、しれっと懐に入れる
(2)送り状をよく確認し、本当に自分宛ての荷物かどうか電話する
(3)お客様からのモノだと知っていたが、期待ハズレで逆ギレする

DSC_3905

) e -J -⊥・・・?なんだコレ?読めねぇわ!(逆ギレ)

DSC_3906

なーんて、T-fal®(ティファール)の電気ポットですね。あざーす!

DSC_3917

これで、お湯が飲めるッ!ウゥリィィィ!

uuurrrryyy
ジョジョの奇妙な冒険より

 

最近、グッと寒くなってまいりまして、断熱材のない壁でできた当店も、「ココ、外より寒くね?」と言われそうなほど、すっかり冷えてまいりました。
ちょくちょくご来店くださるR65にお乗りのお客様も、「あ~、モギーモータースでも温かいコーヒーとか出したらどうスカ?」とおっしゃっていたんですが、「バカ言うな!まだレモンスカッシュも、オランジーナもキンキンに冷えているんだぞ!」と一喝したところ、ウェルカムドリンクの発注にも電卓を叩くモギーを不憫に思ったのか、クリスマスプレゼントとして注文してくれたそうです。マジか・・・。

実は、先日遊びに来てくれた兄にも同じコトを言われ、そろそろネスカフェのアンバサダーへの申し込みを検討していたところだったので、コーヒーメーカーと電気ポットが一つずつ存在することにならずに済みましたが、こういうのは勘弁してください。涙で前が見えなくて、仕事になりませんから。てことで、今日はもう帰ります。(不可抗力)

オレゎ……ネスカフェのドルチェグストが欲しかった……
でも……けっこう高くって…
でも……あきらめるのょくなぃって……
オレゎ……ぉもって……がんばった……
でも……お客様が…勝手に……
注文しちゃって……ゴメン……ドルチェグストが……
でも……お客様とオレゎ……ズッ客と店主だょ……!!

って、応用利きにくいわ、このテンプレ!

 

ということで、最近のモギーモータース、ちょっとカフェっぽくなってまいりましたので、お気軽にご利用ください。(すごく雑)

DSC_4032

 

熱いお湯とステッィクコーヒーを用意して、お客様のご来店をお待ちしておりますッ!(セルフサーヴィス)

 

北方(埼玉)から、R100RS便り。

先週のことですが、2ヶ月ほど前にトランスミッション単体でのO/Hをご依頼くださった「当初は外装を再塗装してエンジンをキレイに磨き、フレームも錆びたトコロを塗り直して乗り出すつもりが、手を付け始めたら車輌がバラバラになっていたッ!」というお客様、R100RSが仕上がったとのことで、ツーリングがてらご友人と突然のご来店ッ!ウレシィッ!

DSC_3694

トランスミッションのO/H後も、ステムベアリングの交換とフロントフォークのO/Hのご依頼をいただきましたが、発送後にフォークオイルが漏れるというモギーの大失態にもかかわらず、こうしてご報告に来てくださるとは・・・、有り難いことですッ!

それにしても、タンクの色だけ違うのが気になりますが、それもそのハズ。こちらの塗装はお客様自身の手によるものでして、「とりあえず年内に走らせたかったから、タンクは来年!アハハ!」とのこと。元はこのシルヴァーのカラーリングだったそうですが、純正部品の見本から純正色のクラシカル・ブラックを調色してもらったそうです。このカラーリングは何台も見たことがありますが、お聞きするまではホンモノの純正色だと疑いませんでした。いやいや、かなりの腕前やん・・・。

DSC_3697

しかも、「エンヂンガードは要らないから」と、サイドカウルの穴まで埋めるこの仕事ッ!

DSC_3702

O/Hさせていただいたトランスミッションも、キレイに塗装されているッ!マジかッ!

DSC_3696

アカン、このお人もザ・バイクバカや・・・。(良い意味で)

0170

ついでに、ちょっと同調を点検させていただいたり、一部増し締めさせていただいたりしましたが、シリンダーヘッドもO/Hされたそうなので、かなり調子良さそうでした。もちろん、トランスミッションもクルクル軽~く回ってました。中は見えませんが。オホホ。
(後日、シフト操作も「スコスコ入ります!」とのご報告がありました。バンザイ!)

で、一緒にご来店されたご友人は筋金入りのカワサキ乗りでして、長く所有されているというこちらの車輌も「見る人が見れば、ウォッ!てなるバイクだよ。」とのこと。2V-OHVのBMW以外のバイクにはまったく疎いモギーですが、各部に奢られている部品がちょっとスペシャルな雰囲気を醸し出していることは分かりました。なんでも、その当時にリリースされた部品を使用して、丁寧にZ1000RのS1仕様にカスタムされているとか。
ちなみに、こちらの塗装もお客様の手によるものだそう。ズコー。

DSC_3699

が、ご友人の面白いお話をお伺いするにつれ、その価値がトンデモないことになっているッ!ことを知りました。価格高騰が噂されるカワサキZシリーズの中でも、ダントツみたいです。ギャー!

DSC_3700

アカン、ココにもザ・バイクバカや・・・。(もちろん良い意味で)

0170

 

ということで、作業のご報告と楽しいお話、有り難うございましたッ!タンクの塗装が終わりましたら、またツーリングのついでにもお立ち寄りください。ご来店、楽しみにしておりますッ!

 

ほとんど仕上げたけどタンクの塗装が後回しの方、BMW以外のバイクにお乗りの方、遠慮なくご来店くださいッ!

ハッピー・サンデー。

少しずつ作業のご相談をしてくださるお客様が増えてきてはおりますが、基本、そんなに来客もなく、「オイオイ、この店、大丈夫か?」と心配&同情で気を引く作戦を続行中のモギーモータース、モギです。

なので、いつもならポツンと一人、作業や雑務を鼻歌まじりでこなしているんですが(ウソ)、そんな日曜日に・・・

以前に勤めていたお店のお客様がご友人と一緒に遊びに来てくださいましたッ!ギャー!

DSC_3283

こちらのR75/6は納車整備を担当した車輌ですので、その後、調子良く走られていることは知っていましたが、こうしてまた会いに来てくださるとはッ!しかもオヤツまでッ!有り難いことですッ!

お二人は25年くらいのお付き合いだそうで、オフロードや林道、ロングツーリングなど、いろんなバイクを乗り継ぎながら何度も一緒に楽しまれてきたとのこと。お話の様子から、とにかくバイクが好きで、よく走るお二人なのが伝わってきます。間違いない、ザ・バイクバカや・・・。

で、ちょっとしたご相談なども受けながら雑談を楽しんでいたところ・・・

「やっぱり、またなんか調子が悪くなってきたんだけど!」と、今度は先日納車したR100RSにお乗りのお客様がッ!ギャー!

DSC_3280

とりあえず、その場で点検&調整&交換をしてもう一度様子を見ていただくことにしましたが、その作業の間、何やらお三人で楽しそうに談笑していらっしゃいました。ウォー!なんかバイク屋っぽくなってきたー!

じゃなくて、何度も足を運んでいただき、申し訳ありません。次の作業でビシッと調子良く走れるようにしますので、もう少しお付き合いください。

などとバタバタが落ち着いた頃、またもやR65とR100RSにお乗りのお客様がッ!ギャー!

DSC_3285

こちらは、作業のご相談(R65)と冷やかし(R100RS)でしたが、途切れることのない来客に思わず「アレレ?なんでか前がよく見えないや。」と、あやうく眼科に行く寸前でした。

おかげさまで、皆さんがお帰りになったあと、いつも以上にポツン感がハンパなかったです。ご来店、有り難うございましたッ!

 

決して寂しがり屋ではありませんが、ご来店、お待ちしておりますッ!

風林火山。

速きこと風の如く
仕事はテキパキ頑張ります。
徐(しず)かなること林の如く
夜はご近所迷惑になるので、静かにします。
侵略すること火の如く
お客様の胸(ハート)に飛び込むときは、アツアツでまいります。
動かざること山の如く
疲れたときは、死んだように寝ることにしています。

ども、好きな言葉は「風林火山」、武田信玄の生まれ変わりじゃないかと勘違いするほど信玄餅大好き、モギーモータースのモギです。信玄!信玄!

 

「こんなに好きなんだから、オレこそが生まれ変わりに違いないッ!」

 

ということで、整備と修理が終わったR100RSを引き取りにご来店のお客様から、信玄餅を戴いてしまいました。なんということだッ!

DSC_3116

ゥンまああ~いっ!

2004

これ以上、何を言うことができるであろうかッ!(いや、できないッ!)

 

と、これまた懐かしの反語形を用いて表現してみましたが、久しぶりに食べると、ほんと美味しいですね。きな粉と餅の相性もさることながら、トロ~リと垂れる黒蜜が全体を絶妙にまとめ上げていて、「三食が信玄餅でも構わないッ!」という人がいるのも頷けます。しかも、お客様のお心遣いというスパイスが加わったことで、味の深みはそれはもう・・・ペロリでした。有り難うございましたッ!

しかし、あまりお客様からの戴き物の話をしますと、妻が「ズルいー!」と嫉妬してしまいますので、どうかお気になさりませんようお伝え申し上げておきます。

「あー、饅頭こわいわー。マジ、こわいわー。」

 

「信玄餅もらったけど、こんなに食べられないなぁ」とお困りの方、ご相談くださいッ!