R100RS、スターターノブの取り付けとキャブレターの点検と。

少し前の作業になりますが、メールにて当店オリヂナルのスターターノブのお問い合わせをいただいていたR100RSにお乗りのお客様が「それでは、キャブレターの点検をお願いします!」とご来店にッ!ウヒョヒョ!有り難いことですッ!

 

が、当店に着くなり泣き顔のお客様?ブホッ!ホワット・ハプン!(何があったんですか?の意)

naki

聞けば、前日にテイルランプ周りの作業をした際にナンバープレートを固定するボルトをしっかり締め付けていなかったそうで、「ナンバープレートをドコかに落としちゃいました・・・」とのこと。プ、プー!

pupupu

じゃなくて、ナンバープレートなしでお帰りいただくのはちょっとアレですので、たまたまあったナンバープレート用のベースを利用して、テキトーに作成してプリントアウトした紙をペタッと貼り付けて対処させていただきました。持ってて良かった、カラーレーザープリンター!イエス、エプソン!

DSC_8883

ナンバープレートはコレでも問題ないと思いますが、検査標章(車検スティッカー)は貼らずにいると罰則の対象になりますので、お巡りさんに停められたら車検証と自賠責保険証を提示して事情を説明してみてください。本気出せば見分けが付かないモノも作れそうですが、さすがに検査標章を偽造したらエライことになりますので・・・。(ナンバープレートが見つからなければ、ナンバープレートとともに検査標章も再交付してもらうしかありません。)

で、ようやく本日ご依頼分の作業に取り掛かります。スターターノブを取り付けて、長さが少し足りない右側のスロットルケーブルも交換しまして

DSC_8879

シートロックのリリースボタンのキャップも取り付けさせていただきました。

DSC_8881

このキャップ、取り付けた方のほとんどが「なんというッ!コレはッ!押しやすいッ!」とお喜びになっておりますので、キャップがなくなっている方は是非どうぞ。価格も¥180/個(税抜)とお求めやすくなっております。

そして、ビシッと同調も調整でき、ご来店時より確実に調子良さげな雰囲気でお帰りになったのですが・・・

DSC_8876

後日、「走行中、エンジンが突然止まるんですけどー!」とのご連絡がッ!エッ?エッ?なぜに?ホワット・ハプン!

wait

 

~数日後~

電話やメールに出張修理と、色々とサポートさせていただきましたが、結局、お客様のトコロでは十分な点検作業ができないため車輌を引き上げてまいりました・・・。ガックシ。

DSC_9905

あ、気になっていたナンバープレート、ちょっと傷付いているものの無事に見つかったようで安心しました。細かい傷は無理ですが、取り付け部の歪みだけでも修正してみます。

DSC_9907

さあ、原因不明のエンヂンストールをなんとかしましょう!オー!(カラ元気)

まずは燃料系から点検です。

DSC_9911

アイドリングは非常に安定していますし、吹け上がりもまったく問題ないので、エンヂンが突然ストールする原因がまったく思い当たらないんですが、当店での作業後に不調になったとすれば触ったのはガソリンタンクとキャブレターくらいですから、まずはソコから疑うしかありません・・・。

タンクの中はとてもキレイに見えましたが、確認のため洗浄します。

DSC_9912

やはり状態の良いタンクでした。少しゴミが出ましたが、コレが悪さするようには思えません。タンクはOKですね。

DSC_9921

取り外したフューエルコックも確認します。

DSC_9927

バラバラに分解してみましたが、特に問題になりそうな部分はありませんでした。

DSC_9930

コックのレヴァーのクリック感を生む突起が磨り減ってなくなってましたので、たまたまあった中古良品と交換しておきます。

DSC_9937

キレイに洗浄して

DSC_9939

ビシッと組み立てました。ストレーナーは新品に交換しています。

DSC_9945

レヴァーの動作もカチッ、カチッと決まるようになり、滲みも漏れもなく取り付けできました。これで、フューエルコックもOKですね。

DSC_9962

この状態ならココにストレーナーは不要ですので、ホースを交換するついでに外しておきます。

DSC_9980

続いて、キャブレターの点検です。左側を取り外し

DSC_9967

右側も取り外してみたところ、ピストンヴァルヴがズレていることを発見ッ!

DSC_9977

こんな感じで跡が付いちゃってました。

DSC_9991

念のため、簡易的に分解&点検&洗浄しておきます。

DSC_9995

結局、ピストンヴァルヴがズレてはいましたが、このことが突然ストールする原因とは考えにくく、他に問題になりそうな箇所もありませんでした。キャブレターもOKだと思います。

DSC_9997

分解した際、ダイアフラムを固定するボルトのワッシャーが割れていましたので、交換しておきました。

DSC_0005

てことで、燃料系に問題がないことが確認できましたので、さっそく試乗してみます。どうなのよ!(ドキドキ)

DSC_0012

ガーン。やっぱり突然ストールするー。

kanben

しかも、試乗中に何かが落ちた音がしたと思ったら、テイルランプを固定するナットが脱落してました。危うく、今度はモギーがナンバープレートを失くすところです・・・。

DSC_0013

ボルトが斜めになっていたのが原因みたいですので、真っ直ぐ取り付けられるよう修正しておきました。ナットも緩みにくいロックナットに変更しておきましたので、もう脱落の心配はないと思います。フゥ~。

DSC_0026

それと、ETCアンテナのステイも脱落しているッ!ので、なんとかしておきます。ドコに付いてたんだろう・・・?

DSC_0020

と、小さなトラブルは置いといて、ココからが本題です。燃料系に異常がなかったので、こうなると点火系を疑うことになるんですが、こちらの車輌、見慣れないASウオタニの点火システムが取り付けられていまして、それがどうにも気になって検索してみたところ・・・

kensaku
地獄のミサワより

ビンゴ!です。「ノンレヂスター(抵抗なし)タイプのスパークプラグを使用すると、それがエンヂンの不調や失火の原因になることがある」との情報がッ!ありがとう、グーグル先生!

kansya

プラグがノンレヂスタータイプなのはキャブレターを点検したときに確認してましたので、抵抗入りのレヂスタータイプに交換します。これで直るッ!ような気がするッ!

DSC_0201

お客様にも確認したところ、プラグは少し前に交換されたばかりとのことでした。また、お客様からの情報によると、ASウオタニのコイルを使用する場合のプラグギャップは1.1mm~1.3mmに指定されているそうなので、ビシッと調整しておきます。

DSC_0206

モノサスのプラグは通常、熱価が6番のBP6ESなんですが、こちらの車両は7番でもキレイに焼けていましたので、今回は同じ熱価のBPR7ESを使用することにしました。ASウオタニのコイルが「それだけ強い火花で良い燃焼を実現している」ということなのかもしれません。

問題も解決しそうなので、ついでにご依頼いただいた作業を進めます。よーし、頑張るぞー!

DSC_0212

ハンドルパッドを外すと気になるステムトップナットを穴のないモノに交換したり

DSC_0227

ポロリしたETCアンテナ用ステイを当店オリジナルのステイに交換させていただいたり

DSC_0224

クラッチケーブルをグリスアップするついでに、ケーブルをアジャスターに差し込む部分のフェルトシールがなかったので取り付けたりと、ササッと終えるつもりが意外と時間が掛かってしまいましたが、無事に作業終~了~。

DSC_0215

おっと、もうこんな時間!妻が待つおウチに帰らなくっちゃ!

time

 

~翌日~

スパークプラグが原因だったとすればこれで直っているハズですので、再び試乗して確認してみましょう。さあ、今度こそ!どうなのよ!(ドキドキ)

DSC_0236

長めに試乗してみてもエンヂンがストールしないッ!やってやったぞッ!ウゥリィィィ!

uuurrrryyy
ジョジョの奇妙な冒険より

などと書いてはおりますが、当店での作業後に現れた不調とのことで、内心、気が気ではありませんでした・・・。いやー、ホッとしました~。

 

とうことで、この度は突然エンヂンがストールするという謎の症状の修理のご依頼、有り難うございましたッ!あやうく点火系そのものを疑ってエライことになる寸前でしたが、スパークプラグの交換で直って本当に良かったです。それでも、原因究明までちょっと遠回りしてしまった感もあり、お客様にはご負担になってしまったかもしれませんが、結果的により良い状態に整備できましたのでお許しください。実際、エンヂンはかなり調子良いと思います!しばらくは手間も掛からなそうですが、また何かありましたら遠慮なくご相談くださいッ!

 

謎のエンヂンストール症状の点検&修理や、ステムトップナットの交換、ETCアンテナ用ステイの取り付け等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、フロントフォークのO/Hとオイル漏れの点検と。

先日、「フロントフォークのオイルシールがー!」と突然ご来店くださったR100RS、ようやく落ち着いて作業に取り掛かれるようになりましたので、ズババッ!と進めます。

DSC_8922

こちらのお客様、購入されて3年ほどで20,000kmくらい走られているそうですが、その走行距離はなんと90,000km越え!

DSC_9284

この頃のモノサスで30,000~50,000kmはちょいちょい目にしますが、90,000kmとなるとあまり記憶にありません。イイですね~。まだまだ元気に走れますので、しっかり整備してジャンジャン乗っちゃいましょう!

てことで、まずはお客様が希望されていたステップラバーの交換や

DSC_8934

希望されていなかったタイミングホールのプラグや

DSC_8971

センタースタンド、サイドスタンドのストッパーを勝手に交換して

DSC_8931

シートロックボタンのキャップなんかも勝手に取り付けたり

DSC_8928

開閉時にガタガタするシートも

DSC_8954

勝手にビシッと閉じるように調整したりと、コツコツと小銭稼ぎがしたいがため、やりたい放題させていただきました。

DSC_8955

チャリン♪チャリン♪

charin

勝手に作業して、しっかり請求する。イエス!イッツ、モギーモータース!グフフ。

と、小銭稼ぎも無事に終わりましたので、本題のフロントフォークに取り掛かります。お客様ご自身で社外品のオイルシールにてシール交換されたそうなんですが、すぐに漏れてしまったとのこと。せっかくシールを交換しますので、ついでにO/Hさせていただくことになりました。有り難いことですッ!チャリン♪チャリーン♪

DSC_8964
(ピンボケでスミマセン。)

同時に、ステムベアリングの交換も行います。作業前に軽く試乗してみたところハンドルが少し振れる感じがありましたので、ステムベアリングの締め付けを調整してみたんですが、どう加減してもベアリングがコクッコクッとなってしまい、まったく調整できず・・・。なので、お客様に相談してこちらも作業させていただくことになりました。またまた有り難いことですッ!チャリン♪チャリン♪チャリーン♪

DSC_9026

やっぱり、特にメインテナンスされた様子はありませんねー。

DSC_9035

R100RSの場合、カウルを外さないとステム周りを取り外せないので、ちょっと大変です。

DSC_9030

下側のアウターレース、けっこうな打痕がありました。

DSC_9038

てことで、ステム周りを取り外してキレイにします。

DSC_9049

例によって下側(左)のほうが打痕が強く出ていますね。こうなると調整は難しいです。

DSC_9050

新品のアウターレースに入れ替えて

DSC_9068

ベアリングにもたっぷりグリスを塗り込めば、バッチリです!

DSC_9073

そしたら、お次はフロントフォークです。

DSC_9077

まずはバラバラに分解してキレイにします。スプリングが変更されていますね。

DSC_9081

内部の部品の状態は悪くなさそうでしたが、ダンパーロッドを留めるサークリップの上に見慣れないシムが入っていました。ココにシムは不要ですので取り外しておきます。

DSC_9087

で、オイルシールからのオイル漏れですが

DSC_9090

社外品のシール自体もちょっとアヤシイ気もしますが、インナーチューブに深い錆がありましたので、原因はコレじゃないかと思います。

DSC_9094

在庫していた中古のフロントフォークを参考に確認してみると

DSC_9104

見事にストロークの範囲(175mm)に錆があるッ!イヤー!(チャリン♪)

DSC_9109

中古良品のインナーチューブが1本ありましたので、こちらは交換させていただきました。もう一方は小さな点錆でしたので、キレイに均して再使用しています。

それと、ダンパーロッドのガイドリングに縦スジが強く入っていたので、フォークトップのO-リングと一緒に交換しています。

DSC_9143

また、これはお客様もご存知だったようですが、ダンパーロッドをアウターチューブに固定するボルトも交換しておきました。ちなみに、ココのボルトは低頭ボルトになっています。ちょっとナメやすいので、注意が必要ですね。

DSC_9115

あとは、アレをこうして、コレをああして

DSC_9127

ホウィールやブレーキを戻せば、今日の作業は終~了~。

DSC_9147

 

これでフロントフォークのオイル漏れは直ったかと思いますが、「エンヂンとトランスミッションからもオイルがー!」とのことですので、次はそちらの作業を進めます。こりゃ、まーたチャリン♪チャリン♪と小銭が転がり込みそうですなぁ。ドゥフフ。

 

(続く)

 

フロントフォークのオイル漏れや、ステムベアリングの交換だけでなく、やりたい放題の交換作業も承っております。ご連絡くださいッ!

千客万来。

春のせいでしょうか。なぜか最近、お問い合わせやご来客が増えてきておりますモギーモータース、ここ数日、ちょっとお客様が重なっただけでパンク寸前でありますッ!

「貧弱、貧弱ゥゥゥ!」

hinjaku
ジョジョの奇妙な冒険より

とディオ・ブランドー氏に言われてしまいそうですが、いつもの調子で書いてたらブログの更新もままなりませんので、今回はダイジェストでどうぞ。

 

てことで、以前にタイミングホールのプラグを購入にご来店くださったお客様が、今度はエンヂンオイルの交換にご来店にッ!ウホッ!有り難いことですッ!

DSC_8819

先にメールでご連絡いただいたおかげで、作業スペースを確保しておくことができました。お気遣いに感謝でありますッ!また、作業中も楽しいお話を聞かせていただき、有り難うございました。また来てねー!

arimasu

と、無邪気なコドモのふりしてみても、その実、40過ぎたオッサンです。オホホ。

で、作業中のお仕事に戻ろうかなと思っていたら、先日、サイドスタンド自慢にお越しくださった白いR100RSにお乗りのスタンド使いのお客様(長い)が、またしても純正部品を求めてご来店にッ!しかも、軒先で作業をおっぱじめる始末ッ!つか、ソコはモギーモータースの敷地じゃあないッ!(土日はOKです。)

DSC_8821

さらに、その白いR100RSの手前にある黒いR100RSも数日前に修理と整備にお預かりしたばかりだというのに・・・

ドッギャァーン

「フロントフォークのオイルシールがー!」と突然ご来店くださったR100RSにお乗りのお客様、こちらもお預かりしての修理とな?アカーン!場所がなーい!

DSC_8830

のに、翌日、またしても同じカラーリングのR100RSにお乗りのお客様がご来店にッ!イヤー!死んじゃうー!でも、有り難いことですッ!

DSC_8865

こちらのお客様、以前はハーレーにお乗りだったそうですが、ハーレーにも負けない魅力溢れるフラットツインのBMW、ビシッと同調を取らせていただきましたので存分にお楽しみくださいッ!他にも気になるトコロはチョコチョコあるようでしたが、あらためてご相談いただければと思います。また来てねー!(43歳、男性より)

フゥ。という感じで、ここ数日にかけてお客様がたくさんお越しくださいました。有り難いことですッ!この調子でお仕事をいただければ・・・、数年後にはイヤでも大きなビルがッ!建ちそうなッ!気がするッ!クヒヒ。

building
(ニューヨーク、高層階からの眺望)

などと、楽しい夢を見る最近のモギーなのであった・・・。

bmw004

 

てなわけで、おかげさまで忙しくさせていただいておりまして、1~2週間ほど車輌をお預かりできるスペースが確保できそうにありませんので、お時間が掛かりそうな作業のご依頼はあらかじめメールかお電話でご相談いただけると助かります。すぐに店内はスカスカになりますので。なりますのでー!

 

オイル交換から純正部品の購入、車輌をお預かりしての整備に同調の調整、ビルを建ててくれるお方まで、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100RS、フロートチャンバーガスケットを探して。

またしても、当店のある横浜市内にお住まいの方が「キャブレターのガスケットをください。」と、突然のご来店ッ!有り難いことですッ!2016年、なんか幸先良いー!

 

こちらのお客様、最近キャブレターを交換&O/Hしたそうなんですが、誤ってフロートチャンバーのガスケットを傷めてしまったらしく、「ネットで探したら、近所に2V-OHVのBMWのお店があったので来ちゃいました。」とのこと。当店はちょっと分かりにくいトコロにありますので少し道に迷われたみたいですが、無事にご来店いただけてこちらも嬉しいです!

DSC_4829

サッと交換し、同時にちょっと?かなり?下がっていた右側の油面も調整、ついでに同調も点検&調整させていただきました。(もう少し詰められそうですので、頑張ってみてください。)

DSC_4820

普段はご自身で整備されているそうで、「最初はボロでしたが、いろんなトコロにお願いしながらコツコツ直してきました。」というこのR100RS、とてもボロだったとは思えない仕上がりです。外装だけでなく、機関にも丁寧に手を掛けていて、R100RSに対する愛情がハッキリと伝わってきました。エンヂンの調子も良さそうですし、是非、永くお楽しみください!

と言いつつ、ヘボカメラマンのモギー。逆光を嫌って手をかざしたら思いっ切り指が写り込んでいたッ!ので、今度、あらためて写真を撮らせてください。(姑息な営業)

DSC_4818

 

とうことで、この度は純正部品の購入にご来店いただき、有り難うございましたッ!また何か必要な部品がありましたら、遠慮なくご相談ください。整備や修理についてもお手伝いできることがあるかと思いますので、今後とも宜しくお願い致しますッ!(コピペ)

 

純正部品もけっこう在庫しております。お問い合わせくださいッ!

R80、タイミングホールプラグを探して。

当店のある横浜市内にお住まいの方から「タイミングホールのキャップをポロリと落としちゃいまして・・・」とのお問い合わせがあり、在庫があることをお伝えしたところ、さっそくご来店くださいましたッ!有り難いことですッ!ウホッ!

 

こちらのお客様、このモノサスのR80を20年ほど所有されているそうです。ウッ、モギーの所有暦(14年)より長い・・・、ガクッ。(敗北感)

DSC_4741

で、お買い求めいただいたのはココ、タイミングホールのプラグ(キャップ)です。このプラグ、古くなると硬くなってユルユルになっているモノもありますので、ポロリとなくしてしまう前に交換してしまうのも良いかもしれません。価格も¥180/個(税抜)ですし。

DSC_4742

ついでに、ちょっとアイドリングの高かった同調を調整させていただきましたが、少し前にしっかり整備されているようで調子は良さそうでした。てことは、モギーの出番は少ないのかッ!(複雑)

それだけじゃなく、こちらの車輌、なんだかとってもキレイなんです。1993年製なので20年以上経過しているにもかかわらず、ホウィールなんかピカピカしてます。

DSC_4747

汚れたら拭くようにしているだけなんだそうで、確かに塗装が少し薄くなって下地が見えているところもありますが

DSC_4745

20年間しっかりと手を掛けてあげると、このツヤ感を維持できるんですね~。正に「継続は力なりッ!」ですね。自分も見習わなければ。(手遅れ)

DSC_4749

ここ数年は関西方面にいらしたそうで、整備はそちらで信頼できるバイク屋さんにお願いしていたとのこと。うーん、負けられませんなぁ。

とうことで、この度は純正部品の購入にご来店いただき、有り難うございましたッ!また何か必要な部品がありましたら、遠慮なくご相談ください。整備や修理についてもお手伝いできることがあるかと思いますので、今後とも宜しくお願い致しますッ!

 

純正部品もけっこう在庫しております。お問い合わせくださいッ!

純正部品の検索。

BMWの純正部品は、下記のサイトで検索ができます。

http://www.realoem.com/bmw/ja/select
parts_search_01

所有する車輌の車台番号(フレームまたは車検証記載の7桁の数字)を[シリアルナンバー]の空欄に入力し、[検索]をクリックすると

parts_search_02

製造年月が表示されますので、[パーツを見る]をクリックします。

parts_search_03

メイングループが表示されます。例えば[エンジン コントロール システム]を選択すると

parts_search_04

さらにサブグループが表示されます。ここで[キャブレター]を選択すると

parts_search_05

部品展開図の一覧が表示されます。

parts_search_06

画面をスクロールして、調べたい部品のイラストをクリックすると

parts_search_07

詳細な部品の展開図とパーツリストが表示されます。

parts_search_08

これで、探している部品の部品番号や必要な個数、US$建ての価格が確認できます。

 

注意!
価格はあくまでも参考です。実際の価格は、当店でも仕入実績のある消耗品等の部品(500~600点程度)については即答できますが、それ以外のモノについては国内のディーラーに問い合わせる必要がありますので、多少お時間をいただくことになります。ご了承ください。

注意!
純正部品の検索は、車台番号に基づいています。メインフレームを交換した車輌や、エンヂンを載せ換えている車輌、また他車種の部品と交換している車輌の場合、車輌に使用している部品と検索結果が一致しないことがあります。

注意!
年式により、パーツが変更されている場合があります。「02/1985から」や「06/1979まで」のように記載されている場合は、所有する車輌の製造年月とよく照らし合わせてください。

注意!
製造中止になった部品でも、代替品がある場合があります。形状や材質など、オリヂナルと異なる場合もありますが、交換可能な部品として供給されています。

XXXXXXXXXXX
Superseded by: YYYYYYYYYYY
「XXXXXXXXXXX」の代わりに「YYYYYYYYYYY」が使用できる
parts_search_10

XXXXXXXXXXX
Supersedes: YYYYYYYYYYY
「YYYYYYYYYYY」の代わりに「XXXXXXXXXXX」が使用できる
parts_search_09