R100R Mystic、始動不能の点検からの車検とアレやコレや。

「セルモーターが壊れているのか、エンヂンの始動が・・・?」とご相談のあったR100Rにお乗りのお客様、それから間もなくして「車検も近いので、一緒にお願いしても・・・?」とのことでご来店くださったのは・・・そう、5月の下旬のことでございます。って、まーだ5月分のブログかー!ウゥオォォー!さっさとご報告をせねばー!アーンド、有り難いことですッ!

 

「ん?エンヂンが始動できないのにどうやって?」とお思いの読者の方もおられるかもしれませんが、そこは厚い、そして熱いサポートが自慢のモギーモータース・・・じゃなくて、お客様がロードサーヴィスをご利用になられたんでした。そうでした、そうでした。オホホー!

などとフザけてる場合じゃないので、さっそくエンヂンを始動できない原因を探ります。まずはバッテリーの接続を点検し、ついでに充電してみよう。オー!

 

~数時間後~

フツーにエンヂンが掛かっちゃったっつーの!特に問題なさそうだっつーの!!

dattsuno

はーい、みんな聞いてくださーい。何もできなかったモギー先生から、一言ありまーす。

 

「バッテリーの接続は確実に!長く乗らないときは充電も忘れずに!」

 

以上でーす。

doushiroto

 

てことで、無事にエンヂンも始動できちゃいましたので、ヘッドライト等の保安部品や

車体周りの点検をしまして、車検の準備をササッと進めます。あ、フロントフォークのダストシールにひび割れがありましたが、お客様の年間の走行距離を考えると、すぐに交換しなくても大丈夫な気もします。もう少し様子を見てみてください。

 

~翌日~

書類も用意できまして、ソッコーで車検に行ってまいりました。結果は、一発オッケー!のバッチコーイ!でした。(意味不明)

なんだかノッてきましたので、ご依頼のオイル交換に取り掛かります。

前回の車検から数百キロしか走られていないとのことでしたが、トランスミッションとファイナルドライヴのオイルの汚れ具合を見れば納得ですね。エンヂンオイルは交換直後からすぐに汚れるもんなのでアレですが

見てください、ファイナルドライヴのオイルのこの透明感!熱的な負荷が少ないこともあるんだと思いますが、ほとんど劣化してないみたいです。うーん、交換するまでもなかったのかしら・・・?

ただ、トランスミッションのドレインボルトに

ちょっとキラキラした金属粉が付着していたのが気になりました。車輌自体の走行距離は40,000km近いので、このくらいはフツーかなと思いますが、とりあえずご報告まで。

あ、ブレーキフルードはソッコーで交換させていただきました。けっこう汚れていたのもありますが、見た目や走行距離に関係なく、定期的に交換しておいたほうが良いと思いますので。

お次は、なんか気になる電装系の点検です。ウィンカーリレイが変更されているのは

左側のハンドルスウィッチが集合スウィッチに交換されているからなんですが、ココはまあ問題ないかなと。

本題は、お客様がおっしゃっていた、この盗難防止用のアラーム?です。前オーナーが機能を殺しておいてくれたとのことだったんですが、使っていないモノが残っていてもアレなので

ズババッと撤去させていただきました。余計な電装品はトラブルの元ッ!のような気がするッ!んですよね。

つか、外したらバリバリ発電しとるやんけー!なんなのー!って、ついこの前も似たようなコトがありましたねー。バッテリーが上がりやすかったのも、充電電圧が低かったのも、このアラームが電気を消費してたのが原因だったみたいです。アラーム機能だけ止めて、本体への常時電源の供給を止めてなかったんですかね。面倒なんで確認はしませんでしたが。オホホ。

おっし、残りの作業もドンドコ進めよう。右側INと左側EXのヴァルヴクリアランスが広かったり

左側EXのスラスト方向のクリアランスが広かったりしましたが、ロッカーアームには問題はありませんでした。ビシッと調整できたんじゃあないかッ!と思います。

スパークプラグはまだ大丈夫そうでしたので、そのまま再使用しました。つか、イリヂウムプラグの交換時期に迷うのって、モギーだけじゃないですよね?ね?

あ、エンヂン前側からのオイル滲みも今のところなく

点火時期もOKだったんですが、タイミングホールのプラグがなくなっていましたので取り付けておきました。(チャリン♪)

そして、キャブレターの同調もバッチグー!です。フフフ。

あとは、ガッコーン!と尋常じゃない大きな音がするセンタースタンドに(大げさ)

勝手にストッパーを取り付ければ、作業終~了~。あ、写真にはありませんが、手前の穴にも取り付けておきましたのでご安心を!(チャリン♪チャリーン♪)

ハイ、できました。

 

ということで、この度は始動不能?の点検と車検のご依頼、有り難うございましたッ!結果的には大きな問題もなく、ただの車検&点検整備になってしまいましたが、車輌の状態が悪くないことは確認できたと思います。エンヂンの調子も良さそうですし、もう少し走る機会を増やしていただいて、長距離のお出掛けなんかも楽しんじゃってください!じゃんじゃん走られている車輌のほうが、モギーも遠慮なくビシバシ整備できますから。ドゥフフ。

 

なぜか始動できないといったトラブルの点検や、ついでの車検等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

R100R Mystic、セルモーターの交換とヴァルヴクリアランスの調整と。

昨年の夏頃にドライブシャフトブーツ交換とタイア交換させていただいたR100R Mysticにお乗りのお客様、「近々ロングツーリングに行くので、その前に整備をッ!安心がッ!欲しいのですッ!」とのことでご来店くださったのは・・・そう、5月の上旬のことでございます。って、またしてもとっくに作業を終えてますので、さっさとご報告をせねば!まずいー!からの、有り難いことですッ!

 

なんでも、お勤めの会社では1週間のまとまったお休みが取れちゃうんだそうで、毎年このくらいの時期にローングツーリーングッ!を楽しまれているとのこと。

 

お客様 「平日に家に居ても、ジャマ者扱いされるんですッ!とっても辛いんですッ!」
モギー 「ハ、ハイー!(そういうの、聞きたくないー!)」

anago

 

というのが本当かどうかはさておき、まずは始動時に異音が気になりだしたセルモーターのO/Hからスタートです。

84,000km近く走っているのに、クランクケース上側はほとんど汚れていませんでした。グッド!

なので、ササッとお掃除してキレイにしたら、あらかじめ用意しておいたO/H&マグネット剥離対策済みのセルモーターにズババッと交換です。あ、当店では作業時間短縮のため、O/H済みのValeo製セルモーターを常時在庫するようにしていますので(たまに在庫がなくなることもありますが・・・)、突然の故障にもそこそこ早く対応できると思います。フフフ。

作業報告に戻りまして、お伝えしたエアフィルターですが、こんな汚れ具合となっていました。まだお使いいただける状態ではありますが、そろそろ交換しても良いような気もしますので、次回以降のご依頼の際にでもご検討ください。

続きまして、ちょっと重いスロットルの整備です。動画ではそれなりに見えますが、なんか引っ掛かりが気になりまして・・・。

(動画でご覧いただけます。)

このクタッとしたケーブル、コイツが原因だと思うんですよね。

てことで、ケーブルを交換させていただくついでに、スロットル周りをグリスアップします。マスターシリンダーにブレーキフルードが滲んだ跡がちょっとありましたが、今回は見送りまして

フルードだけ交換させていただきました。って、チョー汚れとるー!

クラッチケーブルもお疲れのようでしたので、交換してレヴァーもビシッとグリスアップしています。ロングツーリングでは必然的にクラッチ操作の回数も増えますから、少しでも軽~いほうが手の疲れも軽減できるのではないかとッ!思うのですッ!(チャリン♪チャリーン♪)

スロットルケーブルもご覧の通り。このピンとした感じ、やっぱりこうでないと!ですね。

どうですかッ!スパンッと戻っているのが伝わるでしょうかッ!スパン!スパァン!

(動画でご覧いただけます。)

そうしましたら、お次はヴァルヴクリアランスの点検&調整です。こちらの車輌、社外品のエンヂンガードが付いておりまして、ヘッドカヴァーとのクリアランスがまったくなく・・・

イテテ!指が、指がぁー!

挟まって非常に危険ッ!かつ、グイッとモギーのパワーで広げないとヘッドカヴァーを外すことができないという謎の仕様となっておりました。

なーんて、ココを緩めれば楽勝なんですけどね。オホホ。つか、エンヂンガードの修正も試みたんですが、サイドスタンドも社外品のため、この組み合わせだと無理みたいでした。

と、余談はこのくらいにしまして、ヴァルヴクリアランスをビシッと点検&調整します。左右ともIN側、EX側のヴァルヴクリアランスにそれほどのズレもなく、スラスト方向のクリアランスも右のEX側がやや広かっただけで、特に問題はありませんでした。

ハイ、できました。

スパークプラグはけっこう汚れていましたので交換しています。

エンヂン前側からのオイル漏れも、今のところありませんでした。ホッ。

ついでなので、点火時期も点検して調整しておきました。

それと、気にされていた充電電圧ですが、3,000rpmで14Vと良好でしたので、これならツーリング中にバッテリーが上がる心配はないと思います。後付けの電圧計の表示が0.3~0.4V低いものの、分かっていれば十分目安になりますので、たまに覗き込んでいただければ発電系の状態も確認できるかと。

ハイ、できました。

おっし、ちょっくら試乗に行ってこよう!

wait

 

~試乗後~

え?え?なに、このゴゴゴ・・・って音ー!イィィヤァァァー!

 

ということで、この度はロングツーリング前の整備のご依頼、有り難うございましたッ!ゴゴゴ・・・以外は問題なさそうですので、1週間のヴァカンスを存分にお楽しみ・・・になられたとのご報告もとっくにいただいておりましたね。そうでした、そうでした。ダハハ。お待たせして大変申し訳ありませんが、あと少ししたら作業の予定を立てられそうですので、ゴゴゴ・・・についてはもうしばらくお時間をいただければと思います。ビシッとやらせていただきますので!ますのでー!

 

ロングツーリングの前の点検&整備だけでなく、気になるゴゴゴ・・・の先送り等、諸々承っております。ご相談くださいッ!

 

オマケ

お客様ったら、今年は雪の壁を見に行かれたそうです。

こんなトコロからオイルを垂らしながら・・・!

ほほう、富山方面だったんですかぁ。(味の)勉強になりますなぁ。フヒヒ。

R100R Mystic、ドライヴシャフトブーツの交換とタイアの交換。

ご近所にお住まいのR100R Mysticにお乗りのお客様から「ドライヴシャフトのブーツからオイルが漏れるんですが・・・?」とのご相談があり、数回のメールのやり取りのあと、実際にご来店いただくことになりました。ウホッ!新しいお客様がキター!有り難いことですッ!

 

主にロングツーリングで乗られているそうなんですが、なんでも去年の北海道ツーリングで「ちょっと悪路を楽しんじゃいまして。フフフ。」以来、ブーツからのオイル漏れが目立つようになったとのこと。

DSC_5328

お待ちいただいての作業のため途中の写真はありませんが、ビシッと交換させていただきました。簡単に思えるブーツの交換ですが、2本サスやモノサスでもちょっと苦戦しますし、パラレヴァーはさらに大変な印象があります・・・。

DSC_5331

取り外したブーツをよく見ると

DSC_5353

一部が完全に欠損していました。これじゃ、オイルが漏れてもしょうがないですね。

DSC_5359

といっても、本来、パラレヴァーのドライヴシャフトはオイルに浸かっておりませんので、ココのブーツからオイルが漏れることはありません。ココからオイルが漏れるということは・・・(¬_¬)

wait

てことで、近くユーザー車検へ行かれるとのことですので、ブーツが破れていては車検に通りませんから、ご相談くださってちょうど良かったと思います!あとは、アレですね。

 

~2週間後~

注文していたアレ(タイア)が届きましたので、さっそくご来店&交換させていただきました。

DSC_6393

オホ!タイアの溝がこんなに減っていては車検に通りませんから、こちらもご相談くださってちょうど良かったと思います!ほぼツルツルー。

DSC_6405

ドライヴシャフトのブーツからの漏れもバッチリ止まってますし、とりあえず一安心ですね。

DSC_6398

これで車検も一発OKだと思いますので、ビシッと通しちゃってください。

DSC_6387

 

ということで、この度はドライヴシャフトのブーツ交換とタイア交換のご依頼、有り難うございましたッ!お話をお聞きする限り調子は悪くなさそうですが、車検のタイミングで整備することは大事ですので、また何かお手伝いできることがありましたらお気軽にご相談ください。今後とも宜しくお願い致しますッ!

 

ドライヴシャフトのブーツの交換やタイアの交換も承っております。ご相談くださいッ!