カチャカチャうるさい、タイミングチェーンの交換。

仕入れたばかりのR100RS(2本サス)、順調に不具合を洗い出してます。

今回はタイミングチェーンの交換です。通勤でのテストや、たまに代車として貸し出したりもしてるんですが、やっぱりエンヂンのフロントカヴァー辺りからの音が気になります。エンヂン始動直後はそうでもないんですが、走り出して数分もするとカチャカチャとメカニカルノイズが出てきて、なんだか耳障りな感じです。ほっといて良くなるものでもないので、いっちょ気合入れて直すことにします。

しかし、工場の中が暑い・・・。

てことで、作業開始です。タイミングチェーンにアクセスするためには、けっこう色々なモノを外す必要があります。イグゾウストパイプもその一つです。

DSC_0322

何度やってもドキドキしちゃうフランヂナット、この車輌は簡単に緩んでくれました。キレイなネジ山は、やっぱりウレスィ~。

DSC_0318

フロントカヴァーを外してオルタネーターやイグニッショントリガーなんかを取り外し

DSC_0327

タイミングチェーンカヴァーを取り外せば

DSC_0330

タイミングチェーンが現れます。

DSC_0338

このチェーンはジョイントがクリップタイプなので比較的簡単ですが、かしめタイプだとチェーンを外すだけでも一苦労です。

DSC_0344

オルタネーターを外したので、ブラシの残量もチェックしておきます。まだまだ大丈夫ですね。

DSC_0351

取り外したタイミングチェーンカヴァーもキレイに洗浄します。

DSC_0356

何気に、このガスケットを剥がすのが一番時間が掛かるかもしれません。頑固にこびり付いたガスケットは、本当に嫌なもんです。

DSC_0360

ビシッとキレイになりました。

DSC_0374

取り外したタイミングチェーンですが、

DSC_0390

新品(左)に比べると、明らかに伸びてますね。

DSC_0387

テンショナースプリングもヘタってますし、

DSC_0379

テンショナー自体もけっこう削れてます。

DSC_0407

スライダーも段付き磨耗しちゃってますね。

DSC_0403

てことで、チェーンを交換します。チェーンの交換にはちょっとしたコツと慣れが要りますね。今ではそんなに時間は掛かりませんが、初めてやったときはなかなかジョイントが挿入できず、本当にできるのか?ってくらい苦労しました。
注意! チェーンが正しく取り付けられていない場合、ヴァルヴやピストンを破損させる恐れがあります。安易な作業はせず、正しい知識を持ったディーラーまたは専門店に任せましょう。

DSC_0399

クリップもカチッとはまってます。イエスッ!

DSC_0391

ココまで来れば、あとは元通りに部品を取り付けるだけです。

DSC_0414

せっかくタイミングチェーンカヴァーがキレイになったので、

DSC_0417

プッシュロッドチューブ周りもキレイにしておきます。いつまでこの状態を維持できるか分かりませんが・・・。

DSC_0463

ネジ山の状態がどんなに良くても、しっかり汚れを落とし、次の整備のためにアンチシーズ(焼付防止剤)を塗っておきます。

DSC_0420

サイレンサーも、普段目にしない裏側が汚れていたので

DSC_0426

ピカピカにしておきました。

DSC_0430

ついでに、当店取り扱いのEME製シリコンプラグコードがちょっと長いので

DSC_0434

短縮加工してみました。

DSC_0439

ちょっとスッキリしましたね。

DSC_0445

取り外した部品を元に戻してエンヂンを始動できるようになったら、作業中にイグニッショントリガーを取り外しているので、点火時期を調整し直します。バッチリですね!

DSC_0454

で、フロントカヴァーを取り付ければ作業終了です。

DSC_0471

ついでに、センタースタンドの先端ゴムがヘタってたんで交換しました。

DSC_0467

さて、これでエンヂンのフロントカヴァー辺りからの音が消えてくれれば良いんですが。さっそく今日の帰りに確かめてみよっと。ニシシ。

 

タイミングチェーンの交換も、お任せくださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です