突然の不調、イグニッショントリガー。

仕入れたばかりのR100RS(2本サス)、順調に不具合を洗い出してます。

今度は走行中、突然不調になりました。エンヂンの回転数が上がると失火しているようで、キレイに吹け上がらずギクシャクした感じに。

イグニッションコイル、イグニッションコントロールユニットの順に点検しても異常はなく、イグニッショントリガーを確認したところ・・・

DSC_0005

コネクターに亀裂ッ!

触っただけでボロボロに崩壊ッ!

DSC_0014

当然、メス側のコネクターもこの有様・・・。

DSC_0012

どうもこの樹脂のコネクター、材質に問題があるみたいですね。
純正部品では設定がありませんが、EMEで補修部品を取り扱っているところを見ると、私自身は初めての経験でしたが良くあるトラブルなのかもしれません。コネクター単品の価格としてはちょっと高いですが、イグニッショントリガーはすでに廃番ですし、コネクター交換で直るのであれば納得ですかね。

とりあえず、予備のイグニッショントリガーに交換して症状は改善しました。交換ついでに、オイル漏れ予防にO-リングも交換です。

DSC_0018

こんなトラブルもあります、ということで。

コネクター交換については、また後日、報告します。

 

イグニッションの不調も、ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です