長期不動のR80、現状把握。

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

最初に全体像を撮り忘れちゃったので、各部の状態を順にご紹介します。
てゆうか、全く魅力的に見えなかったので写真撮る気にならなかったんですよね・・・。

まず、ガソリンタンクのキャップがなかなか外れませんでした。

DSC_0007

錆びて固着してたので、キャップを破壊してどうにか外しましたが・・・

DSC_0009

中からは異臭が漂ってきて、今まで見たことないくらいヒドイ状態でした。

DSC_0005

コックを外せばご覧の通り。
揮発し切れなかったガソリンなのか、変な残留物がトロリと垂れてきます。

DSC_0011

当然、外したコックにも・・・。

DSC_0014

とりあえず分解してみましたが、

DSC_0018

コレ見ると、ヤル気が出しにくいです。

DSC_0021

続いて、キャブレターです。

パッと見はそれなりな感じでしたが、

DSC_0026

DSC_0027

DSC_0029

DSC_0030

やっぱり、甘くありませんでした。

DSC_0024

フロートチャンバーを外してみると

DSC_0032

片側はヒドく白い粉を吹いてます。

DSC_0038

幸い、中までは影響なさそうでした。

DSC_0047

二ドールヴァルヴにも白いカス。

DSC_0058

スターター(チョーク)周りもなかなかの汚れ。

DSC_0070

ボディもかなり汚れてますが、

DSC_0073

ココの錆びはイヤですね。

DSC_0075

ま、なんとかなりそうですが。

DSC_0077

あまり見たことないですが、ココもかなり汚れてました。

DSC_0064

ま、ここまで分解してしまえば、あとは徹底的にキレイにしてやるだけですね。

DSC_0059

先は長いぜ~。

 

(続く)

 

長期不動車には、要注意ッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です