長期不動のR80、現状把握。(その2)

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

ガソリンタンクとキャブレターの状態からも、エンヂン腰上は開けないとマズそうなので、重い腰を上げて頑張ります。

いきなりの洗礼です。
イグゾウストパイプのフランヂナットが回りません。こりゃ、割って外すしかないですね。

DSC_0001

マジかよ・・・、まだほとんど回してないんスけど!

DSC_0006

反対側はまだマシな状態でした。

DSC_0014

なんとかシリンダーヘッドの取り外しに成功したものの、

DSC_0044

やっぱりココにも錆が回ってます。

DSC_0038

ヴァルヴを外せばこの通り。

DSC_0071

もちろん、ヴァルヴもこの有様。ヴァルヴガイドにもガタが出てました。

DSC_0080

続いて、シリンダーとピストンを取り外します。

どうやら、左側のシリンダーは一度開けられているようですね。黒いガスケットが塗られています。

DSC_0025

プッシュロッドチューブにオイル汚れが堆積してます。

DSC_0053

ガーン。やっぱり、ココにもガスケット塗ってますよね。

DSC_0018

それでも、シリンダーの状態は良さそうです。クロスハッチがこんなにクッキリ!

DSC_0028

ピストンも汚れはヒドイですが、傷はほとんどなさそうです。

DSC_0035

ロッカーアーム周りも取り外して確認します。

DSC_0064

スリッパー部の状態は良好でした。意外と、このエンヂンは当たりかも?
タペットは全滅でしたが・・・。

DSC_0050

ちゃんと元通りになるかしら?

 

(続く)

 

長期不動車には、本当に要注意ッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です