R60/7、J&Pカスタム。(その3)

「気軽に乗れるようにしっかりと整備して、ボロボロにヤレた外観でカッコ良く仕上げたいッ!」というR60/7、たっぷりお時間はいただいていますが、少しずつ作業を進めています。

DSC_5187

 

お客様から「週末、部品を持ち込んでも良いですか?」とのご連絡があり、すでにタイア交換は済ませていますが、持ち込まれた部品をすぐに仮組みできるよう不要なモノも取り外しておきます。

まずはガソリンタンクを外しまして

DSC_5453

フロントフェンダーも取り外します。

DSC_5469

リアフェンダーとサブフレームも外したいんですが、テイルランプとウィンカーへのハーネスがフレームの中を通ってますので

DSC_5460

ちょっと変わったコネクター(しかも抜きぬくい!)を外して

DSC_5456

とりあえず、リア周りをゴッソリ取り外しました。

DSC_5467

外装を取り除いただけなのに、すでに雰囲気が出始めているッ!

DSC_5480

やっぱり、フェンダーがなくなるとタイアのトレッドパターンが強調されますね!イカス!

DSC_5481

あとはお客様の到着を待つばかりです。どんな部品が届くのかしら。

 

~翌日~

てことで、お客様が持ち込まれた米国で入手したというタンクとサブフレーム、シートを仮組みしてみました。オォッ!なんかコレで十分イケてるんじゃないでしょうかッ!

DSC_5537

センタースタンドをちょっと戻すと、こんな感じ。

DSC_5548

斜め後ろから見ても

DSC_5552

真後ろから見ても、カッコイイー!

DSC_5553

このベコベコのタンクが雰囲気ですね~。

DSC_5559

まったく固定できてませんが・・・。

DSC_5610

シートの造りも良いんですが

DSC_5599

現状では位置がまるで合いません。ズコー。

DSC_5567

このくらいピタッとさせたいですね。

DSC_5606

サブフレームも、右側上の穴は1箇所合いましたが

DSC_5574

左側はまるでダメでした。

DSC_5563

精度が全然出てないんですよね。

DSC_5571

リアサスペンションもハの字になっちゃってます。

DSC_5582

右側は2~3mmほどですが

DSC_5591

左側は10mmくらいズラさないと・・・?

DSC_5588

何より、今のままだとリアサスペンションがフルボトムしたときにタイアがフレームに当たっちゃいます。アメリカ人はコレで納得なんでしょうか。

DSC_5829

アメリカ人A 「コイツがテキトーに作ったのさ。オレは見たよ!」
アメリカ人B 「イヤ、コイツがやったのさ。本当だぜ、アーハー?」

racer100

とでも言ってそうな感じですが、見た目はカッコイイんですよねー。お客様もすんごく喜んでましたし。

DSC_5537

それと、こちらの部品もお持ちになりました。

DSC_5618

この錆び付いたリアフェンダーがお客様のツボらしいです。手前のショートタイプのフロントフェンダーも錆びるのを待つとのこと。

DSC_5627

ちょっと変わったエンヂンガードも、やはりこのヤレ具合がツボらしいです。

DSC_5635

くー、やっぱりアカン人やー!(もちろん良い意味で)

0170

 

といった感じで、かなり具体的にカスタムの方向性が見えてきました。公道を走れるように仕上げるにはクリアしなければならないことが色々ありますが、時間はたっぷりありますのでコツコツ進めてまいります。お客様だけでなく、モギーも益々楽しみになってきたッ!ウォー!

 

(続く)

 

お持ち込み部品の取り付けの相談も承っております。ご連絡くださいッ!

「R60/7、J&Pカスタム。(その3)」への2件のフィードバック

  1. 今日お邪魔して 実車を拝見した者ですが、、、

    うーーん 結構元は綺麗だったんですね、、わざわざぼろくする意味がおじさんにはわかりません、、

    青いオリジナルのタンクとフェンダー 実は同じものをもってます けどリペイントなんです 

  2. 確かに元の姿のままでも十分良い感じでしたが、ドッコイ、このスタイルもかなりモギー好みなんです。お客様がイメーヂするアメリカン・スタイルを知ると、納得のカスタムだと思いますよ!こういう車輌で都会を軽~く流したら・・・、すごくモテちゃいそうです。(若い男の子に)

    そういえば、Gombeiさんも青い外装に交換されたんですね!春仕様でイイ感じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です