長期不動のR80、現状把握。(その3)

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

エンヂン腰上を分解できたので、さっそく洗浄してみました。
まずは、シリンダーヘッドから。

DSC_0104

あの燃焼室が・・・

DSC_0071

かなりキレイになりました!

DSC_0094

もちろん、反対側もピカピカです。

DSC_0098

錆が回っていたインテイクポートも、ココまでキレイになりました。
あともう一息です。

DSC_0093

イグゾウスト側は問題なし、ピカピカです。

DSC_0101

続いて、シリンダーも。

DSC_0084

38,000kmの走行距離を考えると、この状態はさずがBMWですね!

DSC_0088

ついでなので、プッシュロッドチューブも抜いて

DSC_0082

moto-binsで取り扱っているステインレス製のチューブに交換しときました。
プッシュロッドチューブがキレイになると、印象も違ってきますね。

DSC_0106

で、フランヂナットの取り付け部分もネジ山も修正しておきました。
右側のダメーヂはまだマシなんですが、

DSC_0001

左側は修正してもかなり傷んでます。

DSC_0005

なんとかフランヂナットはスムースに回るようになりましたが。

DSC_0011

よく見ると、締め付ける方向にネジ山が潰されています。
フランヂナットの取り付け部分にダメーヂのある車輌は意外と多いですが、正しい取り扱いをすればココまでヒドくなることはそうそうないです。
無理やり締め付けたり、強引に外そうとしたりせず、壊す前にディーラーや専門店に相談してくださいね。

DSC_0077

さ、シリンダーヘッドを内燃機屋さんに出そっと。

DSC_0103

まだまだこれからッス。

 

(続く)

 

長期不動車やテキトーに整備されていた車輌には、要注意ッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です