長期不動のR80、バッテリーと排気系の取り付け。

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

トランスミッションも取り付けたので、バッテリーと排気系を取り付けます。

ここまでスカスカなので、まずはキレイに清掃から。

DSC_0030

バッテリーケースの状態はそれなりです。

DSC_0021

ナットの錆がヒドくて苦労したりしますが、

DSC_0026

できるだけキレイにしてやります。

DSC_0033

ゴムのシートで保護して

DSC_0035

バッテリーを取り付け。これでエンヂンも始動できるようになりました。

DSC_0039

ということで、錆と汚れがひどい排気系もキレイにします。

DSC_0070

コレクターボックスの錆びと汚れも、

DSC_0073

イグゾウストパイプの錆びも、

DSC_0074

落とせるだけ落とします。

DSC_0145

どうですかッ!

DSC_0139

割らずには外せなかったフランヂナットも、ブラスト仕上げした中古良品に交換します。

DSC_0149

アンチシーズ(焼付防止剤)をたっぷり塗ってやれば、フランヂナットもスムースに回ってしっかり締め上げられますね。イイ感じです。

DSC_0158

コレクターボックスも取り付けました。

DSC_0174

次はスウィングアームです!

 

(続く)

 

バッテリー交換や、排気系の作業も、ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です