長期不動のR80、トランスミッションとキャブレターの取り付け。

ちょっと前に仕入れた長期不動のR80、少しずつ再生に向けて進んでいます。

エンヂンも組みあがったので、先にO/Hしておいたトランスミッションとキャブレターを取り付けます。

フレームを簡単に保護しておいて

DSC_0002

トランスミッションを取り付けます。

DSC_0006

エアクリーナーケースを乗せて、トランスミッションの上側2箇所も固定します。

DSC_0007

クラッチリリース周りもベアリング等の状態を確認し、しっかり組み付けます。

DSC_0021

新品のエアクリーナーを取り付けて、

DSC_0009

キャブレターも取り付ければ、だいぶカタチが見えてきました。

DSC_0014

スピードメーターケーブルの防水ブーツもカチカチに劣化していたので、新品に交換です。

DSC_0032

ココのブーツがダメになると、トランスミッションへの水分の浸入の原因になりますので、ゴムが劣化していたら迷わず交換しちゃいましょう。

DSC_0036

てことで、できました!

DSC_0017

エンヂン始動まであとちょっと。キャー!

 

(続く)

 

エンヂン周りだけでなく、トランスミッション周りの作業も、ご相談くださいッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です